30日でピアノが弾けるDVD講座を実際に手にした感想と進め方について

30日でピアノが弾けるDVD講座の感想

30日でピアノが弾けるDVD講座を手にした感想やどんな感じに進んでいくのかを書いていきますね。

実際に手元にあることでわかってきた事実は購入者にしかわからないと思うので、そういった点を紹介していきたいと思います。




30日でピアノが弾けるDVD講座の感想と進み方

最初に感じたことを正直に話すのなら、「まず何から手をつけていいのかわからなかった」ということがありました。

それは、私の勝手なイメージで「1日目○○について!」みたいなものを思い浮かべていたので教本を読んだ時は一瞬「?」が浮かびましたね。

 

教本はどちらかというと参考書に近いと言いますか、DVDを観てその補足を教本でしてくれるということのようですね。

ですので、最初にDVDを観る必要がありますよ。

 

DVDを再生してみると、先生が授業をしてくれて、そこで教本の何ページを開いてくださいのようにする授業スタイルとなっていました。

イメージとしては予備校で有名な東進ハイスクールのような授業スタイルのような感じです。

 

とがいうものの私は東進ハイスクールで勉強したことはないのですが、通っていた友達に聞いた話では「先生が映像越しで授業してくれる」とのことだったので、ほぼ同じスタイルだと思います。

 

DVDは3組となっていますが、1枚目のDVDはレッスン1~10まであり基本的なことと課題曲の弾き方について、2枚目、3枚目は課題曲の弾き方について解説してくれていますよ。

30日でマスターするとありますが、この言葉は目安に考えた方がいいですね。
「30日ほどで上達していきますよー」みたいな感じですかね。

 

[補足] 教材に取り組み始めてから3~4週間くらい経ちましたが、ちょうど1枚目のDVDを修了致しました。

ほぼ30日でここまで来ましたね。本当に30日でマスターできました。
あくまでも目安ですが、ちゃんと取り組んでいれば30日で1枚目のDVDはできるようになるということですね。

現在2枚目のDVDに取り組んでいますが、、、大変です。笑

 

詳しくは随時更新していくので、随時確認してみてくださいね。
成長記録の記事一覧はコチラ

30日でピアノが弾けるDVD講座のメリットとデメリット

30日でピアノが弾けるDVD講座に取り組んでみて感じたメリットとデメリットがありますので、そちらについてこれから書いていきますね。

 

30日でピアノが弾けるDVD講座のメリット

この教材で感じたメリットは「すぐに見直しができる」という所ですね。

聞き逃したことがあったり、どんな風な指使いをしていたかは巻き戻してすぐに見直すことができるので、置いて行かれるような気分がしなくて良かったです。

 

ピアノ教室で直接教えてもらったら時間も限られますし、同じところを何度も教えてもらうのは気が引けますからね。そういった点はDVDっていいなと感じます。

 

あとはメモなどを取らなくていいのも嬉しいです。

ポイントを忘れてしまったら映像を見直せばいいだけですし、英語や数学の授業とは違って、『リズム』もどんな感じだったかを忘れてしまうので、忘れる度に何度も確認していました。

 

何度も繰り返し再生することで少しずつですが、前に進めていけましたよ。

 

このスタイルなら勉強についていけなくて落ちこぼれるということはなさそうですね。
音楽の勉強は文字だけでなくて動画でリズムをつかむのもやはり大切なんだと改めて感じました。

 

30日でピアノが弾けるDVD講座のデメリット

この教材で感じたデメリットに関してですが、正直なところあまり感じていないです。

 

ピアノ教室に通ったことがあるわけでもないですし、他の教材を知らないので比較できていないこと関係しているとは思いますが、不満に感じているところはないですね。

唯一と言いますか、これは関係ないのですが画質がきれいではないのは残念かなーぐらいです。

 

Blu-rayと比べれば高画質ではないのは当たり前ですし、画質がきれいではないと言っても普通に観られますので何の問題もないのですけどね。笑

 

内容に関しては特にデメリットは感じていないよというのが答えです。
価格に対する価値も十分あると思いますよ。



30日でピアノが弾けるDVD講座について私が言えること

私の上達ぶり(?)に関しては取り組んだ様子をブログで紹介したり、動画に撮って随時更新できればと思っています。

実際にこの文章を書いているのは購入から1ヶ月以上が経ち、2枚目のDVDの課題曲に取り組んでいるところなのですが、そう簡単にピアノをマスターすることはできないなとは感じています。

 

1枚目の課題曲である『歓びの歌』が弾けるようになるまでも大変でしたし、『ジュピター』が弾けるようになるのも「こんなの絶対に弾けない!」と何度もふて寝を繰り返していました。

 

それでも、1小節ごとに区切って練習したりしながら、徐々に弾けるようにはなっていきました。

細かいところについてはそれぞれ紹介していきたいと思いますが、取り組んでいて一つだけわかったことがあります。

 

それは「続けていれば必ず弾けるようになる」ということです。

 

何もいきなり難しい曲を練習しているわけではありませんし、楽譜も初心者用にアレンジされています。

一気には上達しませんが、ふと振り返った時にできるようになってるという感覚はとても気持ちいいですね。

 

子供みたいにはいきませんが、大人でも時間をかければ成長できる楽しさを感じることができると思いますよ。

 

・・・なんてカッコいいことを言っていますが、これは自分のためにアドバイスしています。
いま2枚目のDVDの「別れの曲」を練習しているのですが、できる気がしません。

 

『ドソソ シソソ』が頭から離れませんよ。笑

 

でも、3枚目のDVDを弾けるようになると目標で決めましたし、次の目標も決めたので、そこに辿り着けるようにちゃんと弾けるようになりたいと思います。

 

特技はピアノです」と言えるようになる日はいつになるかわかりませんが、日々精進していきます。

まとめ

30日でピアノが弾けるDVD講座の感想やメリット・デメリットについて書いていきました。

 

もしこの教本について知りたい方や取り組もうか迷っている方がいるのなら、私に答えられる範囲であれば購入者側からの目線で回答していきますので、コメント欄やお問い合わせページから気軽に連絡をしてください。

 

ツイッターやインスタグラムもやっているので、そちらにコメントをしていただいても構いませんよ^^

ツイッター⇒https://www.twitter.com/yujility66/
インスタグラム⇒https://www.instagram.com/yujility66/

 

☆コチラの記事もご覧ください
30日でピアノが弾けるDVD講座の購入手順を紹介!