Cubaseでフルコーラスの作詞作曲してみた!初めてのボカロも体験!

公開日: 


初めてフルコーラスの曲を作ってみました。

作曲がしたいために作ってきたのですが、せっかくなので作詞もしてみました。

歌はボーカロイドに歌ってもらいましたが、ここでいろいろ書くよりもまずは出来上がった作品を聴いていただければと思います。




初めての作詞作曲「タイトル:仮メロ」の感想

早速、完成した曲を聴いてみましょう。

【歌詞】

『タイトル:仮メロ』

空の頭で冒険へ 小さなカラダ鼻垂らし
踏み出す脚は美しいね どんな困難も楽しめるさ

地図を片手に歩いたら 「こりゃあんまりだ!」行き止まり
でも遠回りすればそこに 人知れず咲く花もあるよ

ひび割れた卵は もう元には戻らないけど
その殻を破れば まだ見ぬ君に出会うはずさ

歌え 仮メロ
顔を上げて 帽子脱ぎ捨てて
太陽はまぶしくても 前に進めるだろう

作れ 仮メロ
遊び心 今は見栄を張り
過去に魔法かければ
ほら君のための 道が開く

 

秘密基地から公園へ 口笛吹いて出かけよう
昔からあるルート行けば 空の頭でも辿り着くさ

君だけのリズムで 枝分かれする道選んで
のんびりと歩こう 飛行機なんか眺めながら

鳴らせ 仮メロ
並べられた暗号 読み解いて
正解のない世界で 答え探しに行こう

響け 仮メロ
自由気まま 心想うまま
目を閉じたら 生まれる
さぁその気持ちを 歌にしよう

 

もしもいつか 恩返しができるなら

 

歌え 仮メロ
顔を上げて 帽子脱ぎ捨てて
太陽はまぶしくても 前に進めるだろう

作れ 仮メロ
遊び心 今は見栄を張り
過去に魔法 かければ
ほら君のための 道が開く

どうですかねー。。。

初めてという点を考慮すれば及第点は挙げられるかなと自分では思っています。

優・良・可で言えば『可』でしょうか。課題はクリアしたかなというくらいですかね。

 

全体的な印象としては「想像以上に爽やかな曲になった」という感じです。

1曲目ですし、暗い感じよりはいいでしょう^^

 

どんな曲にしたいかということをまったく意識しないで、「とりあえず仮のメロディでいいから作ってみよう」と思って出来上がったのがこの曲です。

そこからタイトルも「仮メロ」という風にしてみました。

 

何事もやってみなければ先へ進めないので、今回は多少失敗しているかなと思っても構わず作業を進めています。

ですが、どうもその迷いや適当な感じが曲に出ているような気がしますね。

 

これがこの曲の仕上がりの物足りなさを感じる原因になっているのかもしれません。

ただ、何とか形にはすることができたので『可』という自己評価をしてみました。

 

歌詞に関しては特に良いモノを作ろうとは思っていないので、どう感じるかやどんな意味かは聴いてくれた方が各々判断していただければと思います。

爽やかな曲になったので、一応は爽やかなことを書こうとは意識しました。

 

シンガーソングライターになりたいわけではないですし、届けたいメッセージも特にないので曲を届ける役割となればOKです。

ただ、最低限の作詞のルールみたいのは勉強した方がよさそうですね(^^;

 

これから作曲をしていく上での課題

今回フルコーラスの曲を作ってみてまず感じたのは「感覚だけで曲は作れない」ということ。

 

感覚重視でも作れることは作れるのですが、意図したような思った通りの曲にはなりませんし、私の場合は幼き頃から楽器に触れてきたわけではないので、クオリティは低くなってしまうかなと感じています。

 

ただ、理論をベースに自分の感覚が出せればちゃんと聴けてオリジナリティも生まれるのかなと思うので、音楽の知識を身に着けたいですね。

 

もう一つ感じたのが「アレンジテクニックの乏しさ」です。

楽器の特徴やフレーズのパターンなどもそうなのですが、今回特に感じたのが「音の作り方」が難しかったということ。

 

曲が出来て書き出し?(出力?)したのですが、まったく迫力がなくて素人感満載の曲になっていました。

…いや、まぁ素人なんですけど。笑

 

いろいろ知らべてみると音圧だったり、音色の作り方だったり、Cubase(音楽作成ソフト)で行うミキシング?マスタリング?などの作り方がイマイチよくわかっていないのが素人感を生み出す原因となっているようでした。

 

作曲そのものの知識だけでなく、Cubaseでいじれる方の知識も身につけなければ良い曲にはならないんだなと思い知りました。

今回はわからないなりにいろいろイジってはいるのですが、この辺も意図して音を作れれば曲のクオリティも高まるのかなと思います。

 

いろんなことを一気に解決できるわけではないですし、少しずつ意識していって曲のクオリティを高めていきたいですね。



初めてボーカロイドを使ってみた感想

フルコーラスの曲を作って歌詞も書いたので、ボーカロイドさんに歌ってもらうことにしました。

体験版があったので、とりあえず最新の「VOCALOID 4」の中から「紲星あかり」さんに今回は歌ってもらいましたよ。

 

クオリティが低かったら私が歌おうかなと思っていたのですが、そんな思い上がりが恥ずかしいくらいボカロのクオリティが高かったです。笑

 

ボカロって本当にすごいんですね。

 

私はボカロ曲はほとんど聴いたことがなくて、BUMP OF CHICKENの「Ray」という曲で初音ミクが歌っているのを聴いたことがあるくらいでした。

ですので、まったく触れてこなかったのですが、実際に使ってみて「こんなにクオリティが高いものなのか!」と本当に感心しました。

 

すごく滑らかで、私が歌うより断然良かったので次回作は実際に購入して活用してみたいと思っています。

どの声を選ぶかはまだ迷い中ですが、この感じならどれを選んでも私よりは確実に、数段、何倍も上手いでしょう!…自分で書いててなんか凹むな(*_*;

 

これからも曲だけでなく歌詞も考えた時はボカロを使って歌ってもらおうと思います。

 

ぼんやりと作りたい曲があるので、そのための勉強と準備をしていきたいと思いますが、とりあえずワールドカップ期間中はサッカーを楽しみます!笑

 

あなたも歌詞やメロディを考えてみよう!

今回作った「仮メロ」という曲ですが、制作過程の伴奏のみと伴奏とメロディのみで歌詞がないバージョンもYouTubeに掲載しています。

自分の研究用で載せてあるものですが、もし音楽制作や作詞活動に興味を持っているのなら勉強材料になるのかなーと思いました。

 

なので「俺ならこんなメロディを作るなー」「私ならこんな歌詞を書くかも!」など音楽は正解がないものだと思うので、それぞれの個性を出す練習にしてもらうのも一つの存在価値かなと思っています。

 

音楽を作るのに興味はあってもいきなりすべてを行うのは時間もかかりますし、できることも限られますから、私の作った曲で何かしらの役に立つのなら創作活動の取っ掛かりにでもしてください。

 

ただ、壮大な作品ではありませんが愛と時間をかけて作ったものですので、法律を犯すような使い方や人を傷つけるような使い方はしないでいただければと思います。著作権は私にあり、違反する使い方をしていると判断した場合は然るべき対応を致します。

 

それを守っていただき、私のブログやYouTubeから引用したということを明記していただければ、基本的には自由に活用していただいて構いません。

 

もし自身のブログで歌詞を紹介したり、YouTubeチャンネルでメロディ等を公開するときは、私のブログやYouTube、SNSなどにコメントをいただければ嬉しいです。

どんな作品に生まれ変わるのか観に行きます!(=゚ω゚)ノ笑

 

音楽に興味を持っている方のお役に立てれば幸いです。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑