ピアノの上手い下手の違いをテレビで説明してたからまとめてみた!

公開日: 

ピアノ 上手い下手

ピアノを練習し始めてから1年以上が経ちますが、演奏の上手い下手って正直よくわかりません。

私のような初心者にとってはある程度の演奏ができれば「上手いなー(・∀・)」と感じるのですが、ピアノの上手い下手を決める要因はどこにあるのでしょうか。

この疑問について以前テレビで説明されていたので、ここでまとめおきたいと思います。




ピアノの上手い下手の違いとは?

ピアノの上手い下手の違いについて2017年9月17日にテレビ朝日「関ジャム完全燃SHOW」で説明されていました。

>>関ジャム完全燃焼-バックナンバー:テレビ朝日公式サイト

 

この番組にゲスト出演されていたプロピアニストの清塚信也さんがプロとアマチュアの演奏の違いについて3つのポイントがあると話していました。

 

清塚さん曰く、『音楽に垣根はないと言われるけれど、技術的にはある』とのこと。

確かに、どんなものでも細かく分ければ分類できますよね。

 

誤解が生まれないように先に補足しておくと、今回の説明はクラシック音楽に関してのお話となっていましたので、それを前提に読んでみてください。

 

ミスをしない

ピアノの上手い下手を分ける3つのポイントとして1つ目に挙げられたのは「ミスをしない」ということ。

プロでも演奏をミスすることはあるようですが、大事なのは和音の一番下の音、この音はコードを決定する音になるので、ここの部分だけはミスしないように死守をする。

この部分を守れば明らかにミスをしたということがわかりにくいので、この部分は絶対に音を外さないようにするといいようです。

 

音色と強弱

2つ目は「音色と強弱」を意識するということ。

美しい音色が出せるとピアノが上手に聞こえるということですが、美しい音色はどのように出せばいいのでしょうか。

 

この点についてですが、肘と手首が※サスペンション代わりになるのでこれらの部分を柔らかく使って、鍵盤を弾いた瞬間に力を横に逃がすイメージで弾くと美しいまろやかな音になります。

 

また、指によって力の加減を変えることで上品さが生まれる感じになります。

全ての指が同じ強さになると子供の発表会のような演奏になってしまうのですね。そう、私のように!笑

 

さらに、強弱に関してもフォルテやピアノの中にさらに強弱を意識すると上手な演奏ができるとのこと。

言葉だけで説明すると伝わりにくいので、ピアニストの方が実際に弾いている動画を観て、意識して聞いてみるとイメージしやすいかもしれません。

 

音楽において全く同じ強さの音が横並びすることはほぼないということですね。

 

※サスペンションという言葉ですが、、、簡単に言えば性能を高めるみたいなイメージですかね。

車とか電車とかに詳しい方に聞くと多分わかりやすく教えてくれるはずです。笑

 

楽譜の解釈

3つ目は「楽譜の解釈」をきちんとすること。

楽譜の歴史は古く、考古学に近い部分もあります。

 

楽譜から当時の音楽家がどんな風に弾いていたのかを再現することにもクラシック音楽は重点を置いているそうなので、楽譜をきちんと解釈できているかを理解することも大切だということでした。

有名な話だと「ショパンは体が弱くて大きな音を出せなかったのではないかと言われているから、ショパンの楽曲を弾くときはフォルテでも他の作曲家より弱い音で演奏する」なんてことですね。

 

コンクールに出場しているレベルの方はこういったことまで意識して演奏しているということです。

 

 

以上のようにピアノが上手い下手の違いは「ミスをしない」「音色と強弱」「楽譜の解釈」という3つの違いが生み出しているとされていました。

私自身がピアノに対しての知識が乏しいので、書き方を間違っている部分もあるとは思いますが、だいたいのニュアンスは伝わったかなと思います。

 

上手い下手を感覚だけでなく理論で説明できる人はどんなジャンルでも精通しているなーと感じますね。

 




ピアノが上手く弾けない自分が進む道

テレビを観ていてただただ感心していた私ですが、ふと「これは自分にはできない」と感じました。

ミスをしないように弾くので精一杯なので、一応タッチレスポンス機能がついているキーボードを使ってはいますが強弱を意識してまで演奏はできません。

 

趣味で弾いているだけですし、プロを目指しているわけではないので上手に弾く必要もないのですが、少し虚しさを感じるところはありますよね。

 

そんな風に思っていたのですが、何かの歌番組でKis-My-Ft2の千賀健永さんがX JAPANのToshlさんの伴奏をしていたのを観ました。

すごく感動したのですが、Toshlさんが千賀さんのピアノに対して『テクニックや理論より伝わるものがある』みたいなことを話していて「確かになー」と思いました。

 

当然上手な演奏ができるに越したことはないのですが、それだけが正解ではないのかなとも感じます。

 

私にはどうしても弾きたい曲があるので、その目標を達成するまではしっかりと練習していきたいと思いますよ^^

下手なりに一生懸命弾くのが大事なのでしょうね。

 

それぞれのステージや目標でどのくらいの完成度を目指すのかを決めると「ここまでできるようになった!」と楽しめるかもしれません。

 

【関連記事】
私が大人になってからピアノを始めた本当の理由

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑