「瞳をとじて」ピアノ演奏&練習の感想-#14

公開日: 

30日でマスターできるピアノ教本レッスン4の課題曲の一つとなっていた平井堅さんの「瞳をとじて」に挑戦しました。

DVDでお手本を観たとき、「弾けたらかっこいいなー」と思いましたが、仕上がりはどんな感じになったのか、練習してみて何を感じたのか感想を書いてみますのでご覧ください。

平井堅「瞳をとじて」のピアノ演奏動画

まずは演奏動画をご覧下さい。

今回も一度編集している箇所があります。

大サビの前の間奏の部分で一度編集していますが、それ以外は多少のミスがあるもののノーカットでお送りしております。

 

5分30秒以上の演奏で一度だけの編集というのは個人的には満足しています。

 

今回も安定の1番、2番、ラストの三部作になるかなと思っていたので。

3分30秒くらいなんとか聴けるレベルの演奏ができたことにはよく頑張ったと褒めてやりたいですね。

 

ちなみに、前回の「パッヘルベルのカノン」のあとから練習を始めたので、練習期間は約2ヶ月

2ヶ月でこれだけ弾けたと考えるべきか、2ヶ月でこれだけと考えるべきか。

 

独学でピアノ教室に通っているわけではないので比較対象がありませんし、そもそも比較するものでもないので、よくやったと思いましょうか^^




練習した感想

今回は大きく分けると4つのパートに分けられます。

Aメロ、Bメロ、サビ、間奏の4つになるのですが、どれも難しかったです。

 

右手だけ、左手だけならすぐに弾けるようにはなってきたのですが、両手を合わせるとなるとすごくゆっくり弾いて最低でも3日はコツを掴むまでかかったと思いますね。

どのパートも難しかったのですが、一番難しかったのは間奏の部分です。

 

動画を観て気づいた方もいるかもしれませんが、間奏の部分の途中から和音が消えています。

本当は2音または3音で迫力のある演奏になる予定だったのですが、どうしても弾けなくて妥協しました。

 

なんだか毎回妥協ポイントがありますね。笑

 

でもこれは仕方がないのかなと感じています。

もっと練習すれば弾けるようになったかもしれませんが、あくまでも趣味ですし、楽しさを感じられなくなったら意味がないので、納得できるポイントで妥協してみました。

 

間奏の部分は左手のテンポもちょっと変わっているので大変でしたね。

演奏に美しさやカッコよさはあまり感じられませんが、頑張った感じは出てるのかなと勝手に思っています。

 

ただ、2ヶ月の練習で5分30秒の演奏というのは…
もっとたくさんいろんな曲が弾けるようになれたら楽しんだろうなー。

でも、オリンピックの100メートル走の選手に比べたらかわいいものかもしれませんね。

 

今後の予定は未定ですが、引き続きピアノに挑戦していきます!




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑