ピアノに適した爪の長さとは?どうしてもおしゃれがしたい人はどうする?

公開日: 

ピアノを弾いている人はネイルなどのおしゃれをしている人が少ないですし、爪の長さもあまり伸びている人は少ない気がします。

そこでピアノに適した爪の長さとはどのくらいなのでしょうか。

また、どうしてもおしゃれがしたい人はどうすればいいのか対策法を考えてみました。



ピアノに適した爪の長さとは?

ピアノには適した爪の長さがあると言われています。ほとんどのピアニストの方が指よりも爪が伸びない長さに切っているようですね。

ピアニストに限らず、楽器を演奏する方はほとんどの方が爪を伸ばさないように気をつけているようでした。

 

なぜ爪を伸ばさないようにするのかその一番の理由としては、爪が長いと鍵盤に爪が当たってしまいカチカチと雑音がしてしまうからだそうです。

関節を曲げて爪が当たらないように弾くこともできますが、そうすると早いタッチの曲が弾きづらくなってしまったり、注意が散漫になるとカチカチ音がしてしまうこともありますね。

ですので、爪の長さはなるべく短い方がいいとされています。

 

深爪にする必要はないまでも爪が伸びると少なからず影響が出るみたいですので、できるだけ爪が指先から出ないようにするのが理想のようです。

面倒でなければ爪を切るよりもヤスリでケアするのがいいでしょう。

 

子供の頃から爪を伸ばさないような習慣ができていると爪の形も整いやすく、きれいに見えるようなので、お子さんがピアノを習っている家庭では早くから意識しておくといいかもしれませんね。

私は元々爪が長いのが嫌いで短くしているので自分にとっては良かったのですが、そもそも爪のおしゃれに興味がないので、あまり関係なかったかなとも思います。




どうしてもおしゃれがしたい人のために

ピアノを弾いている方の中には「どうしても爪のおしゃれがしたい!」という方もきっといるでしょう。

そういった場合はどうしたらいいのでしょうか。

私が考えついた方法としては2つありますので、紹介してみますね。

 

1つ目は「気にせず爪のおしゃれをする」というものです。

あまりに極端に長い爪だとさすがに影響が大きいですが、多少であれば問題ないのかなと思います。
例えば、親指は他の指と比べて影響力が少なそうですから部分的に遊べそうですよね。

 

本格的にピアノを勉強したいのなら諦めた方がいいとは思いますが、趣味程度であれば別にかまわないのかなと思いますよ。

そちらの方が気分も上がって練習に身が入るかもしれませんからね。

 

もう1つの方法は「足の爪でおしゃれをする」という方法です。

ペディキュアであれば鍵盤を弾くときに影響はありませんし、存分におしゃれを楽しめますからね。

「おしゃれは足元から」なんて言いますし、普段は靴を履いて見えないところに気を使っているのは何となくハイセンスな気もします。

 

練習をして邪魔になることはありませんし、ネイルやマニキュアが剥がれてしまって鍵盤を汚すということもなくなりますから、ペディキュアという選択肢を選んで見えるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

ピアノに適した爪の長さは指より出ない程度が理想とされています。
本格的にピアノを習っている方はこのくらいの長さがいいのでしょう。

また、どうしてもおしゃれをしたい人は手の指の爪でなく、足の指の爪におしゃれをすることで対策してみてはいかがでしょうか。

・関連記事⇒指先をきれいに見せるには?爪の形や長さで印象は変わるものなのか?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑