指先をきれいに見せるには?爪の形や長さで印象は変わるものなのか?

公開日: 

ピアノを弾くときに注目を集めるのは指先だと思いますが、演奏動画の撮影などでどう映っているか気になることもあるかもしれません。

そこで、指先をきれいに見せるには何が大事なのかについて調べてみました。

また、指先には爪がありますが、爪の形や長さで印象はどう変わるものなのかについても調べてみたので気になる方はご覧になってください。



指先をきれいに見せるには何が大事?

指先をきれいに見せるためには何が大事なのかいろいろと調べてみると、大きく3つのポイントが注目されるのかなということがわかりました。

その3つとは「手の動き」「指の長さ」「爪」です。

 

それぞれについて簡単に書いていくと、まず「手の動き」ですが、ゆったりと優雅に動かすと指先がきれいに見えるようです。

手元は丸みを持たせて、指先がピンと伸びていると美しく見えるのでCAさんなどをお手本にして一度やってみるといいかもしれません。

実際にやってみると結構大変ですね。

 

次に「指の長さ」ですが、長い方がきれいに見えるようです。
これは脚が長い人が美脚に見えるということからもイメージはできるかもしれませんね。

指を伸ばす方法などもあるみたいですので、興味のある方は試してみるのも手段の一つとして覚えておくといいのではないでしょうか。

ただ、ちょっと怖さもありますよね。指を伸ばすってそう簡単に伸びるものなのでしょうか。

 

最後は「爪」ですが、理想的な爪の長さや形というものがあり、それによって印象が変わるようです。

そのことについて詳しく説明しているサイトがありましたので、後ほどそちらを参考に話を進めてみますね。

 

以上の3つのポイントが指先をきれいに見せるコツのようなものなのですが、ピアノを演奏するときに美しく見せるとなるとハードルが高い気がします。

ピアニストの方の「手の動き」を見ていると、音色だけではない美しさが伝わってきますが、あのレベルになるまでにはかなりの練習が必要なはずです。

また、「指の長さ」に関しては人それぞれが生まれ持ったものですから、持っているもので工夫するしかないと思います。

 

「手の動き」「指の長さ」は練習や持って生まれたものが関係していると思いますが、「爪」に関してはピアノ初心者でも簡単に対策ができそうな気がしています。

ですので、「爪」に関してもう少し深く確認してみましょう。




爪の形や長さで指先の印象はどう変わるのか?

理想的な爪の長さや爪の形による印象の違いについて紹介しているサイトがありました。

参考元:理想的な爪の長さと爪の形の種類-All About

 

このサイトによると

爪には美しく見える適度な長さがあり、それを保つことが大切です。
(中略)
理想的な爪の長さは、ちょうど爪の先端部分が、爪全体の3分の1から4分の1程度になっているところ。指の腹側から見て、爪先の白い部分が2~3mm見える程度を目安にして下さい。日常生活にも支障なく、美しい印象と丈夫な爪を同時に保つことができます。

爪の先端部分が少し出ている方が美しく見えるのですね。

 

ただ、ピアノを弾いている方は爪を切って深爪に近い形になっている人も多いので、長さで爪を美しく見せることは向いていないかもしれません。

けれども、形に関しては「ラウンド」と呼ばれるサイドがストレートで先端がやや平らな形のナチュラルな形にすれば、爪の長さに関わらず誰にでも似合う上品な爪の印象にすることができるようです。

 

詳しくは先ほどの参考元に図と一緒に紹介されているので確認してみてください。

 

ピアノを弾いている人にとっては爪のおしゃれは諦めるという選択をしなければならないこともあるので、指先を美しく見せるためには方法を探す必要がありそうです。

個人的には爪の手入れをしていない人の方が家事してる感があって好きなのですが(どうでもいいですね笑)、人に見てもらうとなると最低限手入れをしている感じがあった方がいいのかもしれません。

 

決して爪を派手に見せる必要はないとは思いますが、健康的でツヤのある爪という印象を持ってもらうように手入れするといいのではないでしょうか。

爪に自信があれば演奏にも自信が持てるかもしれませんね。

 

・関連記事⇒ピアノでネイルはできないの?爪をいじっている人が少ないのはなぜ?

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑