ピアノでネイルはできないの?爪をいじっている人が少ないのはなぜ?

公開日: 

インスタやYouTubeなどで他の方のピアノ演奏動画を観て参考にしたり、刺激をもらったりしているのですが、ふとある事に気づきました。

それはネイルやマニキュアなど、爪をいじっている人が少ないということです。

ピアノをしている人はネイルができないなどの規制があったりするのでしょうか。
ちょっと気になったので調べてみました。




ピアノでネイルはできないの?

インスタやYouTubeでピアノの演奏動画をアップしている方の様子を観たりするのですが、ふと「爪をいじっている人が少ないなー」ということに気づきました。

男性の方はネイルをしている人が少ないですが、女性はネイルやマニキュアをしている人は少なくはないと思います。(そもそもネイルとマニキュアの違いって何でしょうか?笑)

 

私が観た演奏の方がネイルなどをしない人だったということも考えられるので、もっといろんな方の演奏を観てみました。

すると、ネイルをしていてピアノの演奏をしている人はちょこちょこいました。
ですので、ピアノを演奏する人はネイルができないということはないようですね。

 

ですが、ピアノに限らず楽器を演奏している人は派手なネイルをしている方は少ないというのは傾向としてあると感じます。

では、なぜネイルをする人が少ないのでしょうか。
その点について調べてみると、実に様々な意見がありました。

 

Yahoo!知恵袋に私が思った疑問に関連する質問と回答がありましたので、一部抜粋してみますね。

・質問内容
なぜピアノを弾く人はマニキュアを塗ってはいけないのですか?
爪が長いと、弾きにくいというのは分かります。
でも、爪を短くして、マニキュアを塗る分には特に問題はないと私は思います。
短い爪(深爪じゃないの?ってくらい短いです)にマニキュアを塗っていたら、ピアノの先生に怒られました。
何か問題があるのでしょうか?
参考元:なぜピアノを弾く人はマニキュアを塗ってはいけないのですか?-Yahoo!知恵袋

この質問に対する回答例をいくつか紹介します。

 

別に塗ってはいけないと言うわけではありません。多分、先生によってでしょう。私が習っていた先生はマニキュアをしていましたし、習っていた女子生徒もマニキュアをしていました。

やはり、全面的に禁止されている訳ではないようですね。

 

マニキュアをして弾くのと、マニキュアなしで弾くのとでは、若干タッチが変わりませんか?。これは、ある女子生徒から聴いたのですが、マニキュアをするのと、しないのとでは指先の重さが若干変わって弾きづらいと言っていました。

高いレベルになると微妙な差が演奏に影響してくるようです。
この感覚を私が味わうことはおそらくないでしょう。

 

ピアノ鍵盤を手入れする液体には油分が含まれています。弾いているとうっすらと指に油が付きます。その指で爪を触るとマニキュアが落ちて指につきます。その指でピアノを弾いたら鍵盤にマニキュアがつきます。

鍵盤が汚れてしまうというのは確かに避けたいですね。

ピアノ教室で他に生徒がいる場合や一つのピアノを複数人で使用する場合などはマナーとしてネイルをしないというのは必要なことかもしれません。

 

などなどいろんな意見がありました。

おしゃれをすることに制限はないと思いますし、ピアノ動画を撮影するときは指先がアップになりますので、ネイルをしてきれいに見せるというのはいいことだと思います。

 

ただ、人様のピアノを借りて弾いているときなどは多少なりと気を遣うことは必要なことなのかもしれません。

 

どうしてもネイルがしたい!という方はピアノ教室に通うよりも私と一緒に自宅で頑張るという選択してみるのはどうでしょうか、なんてスカウトしてみたりしちゃって。笑

通信講座ならネイルは自由ですよ!

 

ついでに私もネイルデビューしようかしら(´∀`)<ナンテネ


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑