ピアノで高学歴になる?東大生の習い事との関係性とは?

公開日: 

4月になると社会人は新生活、子供は新学期が始まりますが、多くの親が子供の学年が上がるタイミングで習い事を始めさせるということが多いようです。

学年が変わるのは環境を変えるいいきっかけですからね。

そこで、習い事としてのピアノについていろいろ調べてみたところ、ピアノを習うと高学歴になるという噂を耳にしました。

ピアノと高学歴に因果関係があるとは思いませんが、東大生の習い事を見てみるとあながち関係ないといういいきれいないことがわかりましたので、ちょっとまとめてみたういと思います。



ピアノで高学歴になる?

子供の頃の習い事でピアノを習っていた子供は高学歴になると言われているようです。

実際に私がそのような調査結果を目にしたわけではなく、人づてに聞いた情報なので信ぴょう性には疑問を覚えますが、高学歴の43%は子供の頃にピアノを習っていたと言われているようですよ。

 

私は高学歴ではありませんので確認の仕様がありませんが、以前書いた記事にも脳にいい影響があるということは確認できているので、ピアノが学歴と全く関係ないとは思いません。

ピアノが脳に与える効果は?大人にも影響を与えてくれるの?

 

いろんな意見があるとは思いますが、大人になって社会に出てしまえば学歴は関係ないというのが私の考えとしてありますし、実際そう思いますので、ピアノを習えば高学歴になるということにそこまで魅力は感じていません。

 

ただ、高学歴ということは難関大学の受験に合格しているという事実がありますし、そのためには目標を持ってしっかりと勉強をしてきたという努力がありますから、自分の人生において若いうちから訓練をしていたという点ではとてもいいことだと思います。

また、高学歴の人は考え方も独特な人が多いですし、周りの友達も経営者になったり、向上心が多い人もたくさんいますからいろんな人脈を作れるという点でも楽しいかもしれません。

 

学歴はないよりもあったほうが学べる機会も多いですし、いいことだとは思いますが、今回は高学歴がいいか悪いかではなく、高学歴とピアノの関係性について知りたいのです。

 

去年『「学力」の経済学』という本を読んだのですが、そこに因果関係と相関関係について触れていました。

その本ではこの2つの関係の違いについて書いてあったので、そちらを参考にしながらピアノと高学歴の関係について詳しく見てみたいと思います。

 

ちなみに、因果関係と相関関係の違いについてですが

「A」という原因で「B」という結果が生じた、『読書をした(原因=A)』から『頭が良くなった(結果:B)』というのが因果関係。

「A」と「B」が同時に起こっている、『頭のいい人(B)』が『読書をしていた(A)』というのが相関関係。

今回に置き換えて言えば、「ピアノを習っていたから高学歴」というのが因果関係、「高学歴の人がピアノを習っていた」というのが相関関係と言えばいいでしょうかね。

 

『「学力」の経済学』は論文のような感じでしたが、具体例が身近なもので読みやすかったです。
特に子供を持つ親は子育ての役に立つと思いますので、読んでみるのといいかもしれません。

 

ピアノを習っていた東大生の割合

高学歴と言っても東大・京大、早慶上智などいろんな高学歴がありますが、今回は東大生を例にとってみました。

東大新聞オンライン』とう東京大学のオンライン新聞に「東大生が小学生の時にやっていた習い事」が紹介されていました。

 

その習い事を見てみると学習塾ではないスポーツなどの非学習系の1位は水泳で約65%、2位が約50%で楽器・音楽関連(ピアノなど)となっていました。

アンケートに回答した人に限りますが、東大生の2人に1人がピアノを習った経験があるとなるとピアノと高学歴の関係性が強く感じてきますね。

 

事実、ピアノなどの習い事が東大合格に役立ったと回答している人も約70%と高かったので、少なからずいい影響を与えているとは言えそうです。

ただ、他の習い事に関してもその習い事が役立ったと回答している人が70%前後いましたので、それぞれの習い事で役に立つことがあるということで、ピアノに限った結果ではないということが言えますね。

受験勉強には体力が必要ですから、そういった意味では水泳は役に立つと思いますし、書道を習っていた人も多いのですが、東大のように論述形式で答えを書く場合は字がきれいな方が採点者が読みやすいですから役に立ちますよね。

つまり、どんな習い事であっても受験の役に立つということは言えるでしょう。

 

要するに「ピアノを習ったから高学歴」ではなく、「高学歴にピアノを習った人がいた」ということですので、両者は因果関係ではなく相関関係にあるということですね。

まぁ、うすうすは感づいていましたが。笑

 

ですが、東大生の2人に1人がピアノを習っていたというのは個人的にはインパクトがありました。
ピアノのおかげで高学歴になったと思いたくなるのはわからなくはないですよね。

 

学歴だけがすべてではないですし、子供が好きなことをさせてあげることが大切だとは思いますが、きっかけは親が与えるものですから、今回の記事が何か習い事をさせるための参考になればと思います。

 

参考元:東大生の65%が習っていた習い事とは? – 東大新聞オンライン

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑