ピアノパワーセンターの口コミ評判と特徴!納得するピアノ買取を!

公開日: 

使用しなくなったピアノは処分することになると思いますが、ピアノは高額なものなので処分費を払うのではなく買い取ってもらうという方法を取ることもできます。

いろんな買取業者がありますが、その中でもピアノパワーセンターという名前をよく見かけますね。

そこで、ピアノパワーセンターの口コミ評判はどうなのか、どんな特徴があるのかをこちらで紹介してみたいと思いますので、参考にして頂ければと思います。



ピアノパワーセンターの口コミ評判

ピアノパワーセンターの評判ですが以下のような声が挙がっています。

 

ピアノパワーセンターの口コミ評判
・高いだけかと思ったら電話対応も引取り作業もとっても親切でびっくりしました。

・倉庫しかない買取業者もありましたが、ピアノパワーセンターは自社店舗もあり、音楽教室も運営しているので安心できました。

・冷たい電話対応の業者もありましたが、ピアノパワーセンターは本当に親切で親身になって相談にのっていただき、買い取っていただくこちらも嬉しくなりました。
引用元:ピアノパワーセンター公式サイト

 

公式サイトから引用したものなのでいいことしか紹介しないということも考えられますが、それでも満足している人がいるという点は安心していいのかなと思います。

安心ということで言えばピアノパワーセンターは口コミ評判のところにもありますが、音楽教室の運営をしていたり、ピアノの販売をしていたりと買取専門ではなく、ピアノ専門で扱っているので、他の業者よりも大切に扱ってくれるという印象はありますね。

 

ピアノの買取となるとできるだけ高く買い取って欲しいという気持ちはありますが、それ以上に大切な思い出が詰まっているものですから、大切に扱って欲しい、責任を持って引き取って欲しいという思いの方が強いかもしれません。

 

そういった意味ではピアノパワーセンターにお願いすれば安心して手続きができるのではないでしょうか。



ピアノパワーセンターの特徴

ピアノパワーセンターの口コミ評判を見てきましたが、それだけではどんな特徴があるのかがわかりません。

そこで、ピアノパワーセンターの10個の特徴を簡単に紹介しておきますね。
特徴を知ればピアノパワーセンターが高額買取してくれる理由がわかりますよ。

 

【ピアノパワーセンターの特徴
1.売れているてピアノが足りていない
2.商品回転スピードが速く、引き取り後1週間で海外へ輸出
3.国内に自社工場を完備することで修繕、保管のコストダウンを実現
4.ピアノ専門40年の経験とノウハウがある
5.市場価値を徹底調査
6.人気メーカーや機種、過去の取引データをデータベースで管理、反映
7.すぐに金額をご案内
8.圧倒的な取引量でコスト削減
9.ピアノを熟知したプロが対応
10.中間業者にかかるマージンを排除

 

以上の10個が特徴として挙げられます。

 

気になる点として海外へ輸出という言葉がありますが、ピアノパワーセンターでは買い取ったピアノを海外を含めた世界のピアノを必要としている地域にリサイクルしています。

利益の一部がユニセフなどに寄付されるので、自分の部屋で眠っていたピアノが世界のどこかで誰かのためになると考えられますね。

お金など直接的な寄付は難しくても形を変えた社会貢献もできますので、やはり安心して売ることができるのではないでしょうか。

 

電話をしなくてもパソコンで必要事項を入力して見積もりを出してもらえますので、24時間好きなタイミングで利用することができますよ。

>>ピアノパワーセンターで見積もりをしてもらう

 

ピアノ買取するなら

ピアノパワーセンターであれば安心して、そしてなるべく高額で買取してくれると思いますが、見積もり自体は無料ですので、いろんな業者に依頼するのがいいかもしれません。

自分ひとりでいろんなピアノ買取業者に連絡をするのは面倒ですので、そういった場合は一括査定をしてくれるところを利用してみましょう。

 

一括査定してもらえば比較することができますし、メーカーなどによって買取金額は変わるということになりますので、比較はしたほうがいいですね。

 

ただ、一括査定にはメリットや注意点などもありますので、むやみに利用するのは避けた方がいいかもしれません。

ピアノ買取の一括査定に関しては以前書いた記事を参考にして頂ければと思いますので、そちらを参考にしてみてください。

ピアノ買取業者はどう選ぶ?一括査定のメリットとデメリット!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑