ピアノは左利きだと不利か有利か?幼児のうちに矯正した方がいいの?

公開日: 

ピアノを練習しているときいつも「左手が動かない!」なんてことを思っていたりするのですが、左利きの人ってピアノを弾くうでは不利なのでしょうか。

それとも有利に働くのでしょうか。

大人になってからはどうしようもないですが、幼児期に「この子は左利きかな?」なんて思ったら矯正する人もいますよね。

ピアノを習う上で左利きというのは矯正したほうがいいものなのでしょうか。



ピアノは左利きだと不利か有利か?

ピアノを弾く上で左利きだと不利か有利かについてですが、関係ないと思います。

研究データや実験した訳ではなくあくまでも個人的な意見ですので、参考にはならないかもしれませんが、私が右利きでピアノを弾くことに対して有利に感じていることがないので、相対的に左利きだからといって不利になるとは思いません。

 

基本的には右手でメロディを弾いて、左手で伴奏を弾くとは思うので単純な比較はできませんが、個人的な体験と経験から関係ないと言えると感じています。

例えば、私はこの文章をノートパソコンのキーボードで打っていますが、右手も左手も違和感なく打てていますし、サッカーをしていたということを書いたことがありましたが、ボールを蹴るときは右足も左足もどっちでも普通に蹴ることができます。

 

どちらも同じ感覚というよりは、正確なパスは右足の方が蹴りやすくて、強いシュートは左足の方が蹴りやすいという感覚の違いはありますが、どっちでも問題なく蹴ることができますよ。

いまピアノにチャレンジしていますが、ピアノに関しても左手の動きを覚えてしまえばやりにくさは消えるので、利き手は関係ないと思っています。

 

私の意見を言うよりもこちらのほうが役立つ情報かもしれませんが、私が小学生・中学生・高校生とそれぞれの子供時代にピアノが弾ける同級生が何人かいたのですが、その中に左利きの子が一人だけいました。

 

その時に「左利きだとピアノって大変なの?」と聞いたら「いや、そんなことないよ」と話してくれたので、左利きだからといって有利、不利ということはピアノでは関係ないのかなと思いますよ。



ピアノを習うなら左利きは幼児期に矯正すべき?

大人になった私にとっては利き手は関係ないですが、幼児の場合、これから成長していく中で左利きというのは不便な点が多いですよね。

例えば、電車の改札も自動販売機のお金を入れる投入口も右利きの人には違和感はありませんが、左利きだと不便だったりします。

 

ハサミなどの文具品も今でこそ左利き用がありますが、支給されるものなどは右利き用のものになっていたりします。

普通に生活していくのなら幼児期に右利きに矯正したほうが過ごしやすいかもしれませんが、左利きには才能豊かな人が多いと言われていますし、ベートーヴェンやバッハなどの音楽家にも左利きの人がいましたので、無理に矯正することもないのかなと個人的には思いますけどね。

 

不利に感じるかどうかは本人次第で親や周りの人が決めることではありませんし、自分が不利と感じたから工夫が生まれるというものですから、特徴を伸ばすという考え方がいいかもしれません。

 

左利きを矯正するべきかどうかを書いてある専門家の見解がありますので、参考にしてみるのもいいのではないでしょうか。

参考文献:左利きは矯正すべき?左手を使う赤ちゃんの能力開発法-All About

 

まとめ

ピアノに利き手は関係ないというのが私の意見です。
有利・不利が働かないというのはピアノの優れた平等性なのではないでしょうか。

連弾などもありますが、自分一人でできるものですから自分次第でどんどん工夫していけるのは大変かもしれませんが、楽しい側面もあると思います。

左手は右脳が関係しているといいますが、右脳は感性や感覚をコントロールする機能ですから、むしろ左利きの人はピアノ向きかもしれませんね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑