子供のピアノ発表会の靴はどう選ぶ?サイズやお手入れ方法も紹介!

公開日: 

子供のピアノ発表会の衣装に悩む方は多いですが、意外と忘れがちなのが靴です。

可愛いドレスやかっこいいスーツを選んだのに靴はあるものでいいやとしてしまうと、せっかくの衣装も台無しになってしまう可能性がありますよ。

おしゃれは足元からといいますし、靴もしっかりと選びましょうね。

ここではピアノ発表会用の靴の選び方やサイズ、お手入れ方法まで紹介していきますので、参考にしてください。



子供のピアノ発表会の靴はどう選ぶ?

子供のピアノ発表会は演奏がメインですが、それを彩る衣装も大切ですよね。

衣装選びをしていると可愛いものやスタイリッシュなものがたくさんあって、ついつい夢中になってしまい、靴選びはササッと決めてしまう方もいます。

 

ですが、ピアノはペダルもありますし足元のおしゃれもしっかりと選ぶようにしましょう。

靴の選び方ですが、「ピアノ発表会での子供の衣装は会場によって選び方を変えるのがポイント!」のところで演奏のしやすさが大事と紹介したように、靴も履きやすさが大事になってきます。

 

履きやすいことが前提で、会場や衣装の雰囲気にあった靴を選ぶようにしましょう。

コンサートのようなフォーマルな発表会ではクッション性のある柔らかな素材のものを選ぶとペダルも踏みやすいと思いますよ。

小さな発表会の場合はスニーカーやブーツのようなカジュアルの靴、ミュールのようにつま先の出る靴を履くとアクセントになっておしゃれに見えるかもしれません。

 

ちなみに、ヒールの靴の場合は高いとべダルを踏めないということもありますので、3cm程度の低いものが安心ですね。

 

靴のサイズの選び方は?

衣装に合っていて気に入ったピアノ発表会用の靴を見つけたけれども、サイズが合わないなんてことになってしまったら大変です。

きつくて足が痛い中で演奏するのも大変ですし、ブカブカで上手く歩けないと演奏に入るまでの集中力が削がれてしまいますからね。

 

靴のサイズは大きすぎず、小さすぎずピッタリのものを選びたいところです。

靴のサイズは大きくは普段履くような靴のサイズと変わりませんが、細かい点に関しては幅だったりが違うので、サイズ一覧表などを見ながらピッタリと履ける靴のサイズを探してみてください。

普通に考えれば小さいよりは少し大きいものを選んだ方が無難かもしれません。

 

子供が成長してもある程度は履けますし、仮に今は緩くても中敷きをすれば対策ができますから、理想はピッタリ、ちょっと大きくてもOKというイメージを持っていると理想的な靴を選べるのではないでしょうか。

 

後で記載するこの文章の参考元ではサイズ一覧表がありますので、そのサイズを確認しながら靴を選んでみましょう。

ちなみに、足のサイズの測り方も詳しく書いてありますよ。

 

ピアノ発表会用の靴のお手入れ方法

ピアノ発表会の靴は履く機会は少ないかもしれませんが、しっかりとお手入れをしておくことで長く使うことができますし、もし兄弟、姉妹がいる家庭ならお下がりとして使うこともできます。

お下がりを嫌がる子や新しい靴を買ってあげたい親もいると思いますが、次男や次女は避けて通れない道ですからね。

 

私も次男ですので、お下がりの服を着ていましたよ。

私の場合、お下がりが嫌って気持ちはなかったですね。
むしろ大きくなった気がして嬉しかったです。

 

少し話はそれましたが、靴のお手入れ方法は素材によって分ける必要があります。

ピアノ発表会で履く靴は主に合成皮革、エナメル、スウェード、本革、綿やナイロンなど様々ありますので、素材別にお手入れ方法を変えないと返ってダメにしてしまうこともありますよ。

 

上手なお手入れ方法に関してはこの記事の参考元になったキャサリンコテージで確認することができますので、ご覧になってください。

サイトの『お役立ち情報』というところで靴のサイズやお手入れ方法が詳しく書かれていますよ。

(参考元:キャサリンコテージ

 

まとめ

子供のピアノ発表会での靴はフォーマルかカジュアルかなどの違いはありますが、やはり履き心地を重視するのが最も大事になります。

靴のサイズはピッタリのものが理想ですが、成長することを想定して少し大きめのサイズで中敷きを使うという方法もアリだと思いますよ。

また、お手入れ方法は靴の素材によって違ってきますので靴の販売をしているところなどの情報を頼りにしてみてくださいね。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑