あまりお金がかからない趣味としてピアノはアリか?

公開日: 

あまりお金がかからない趣味としてのピアノ

定年退職をした人の老後の過ごし方がたまに話題になりますが、最近では40代や50代など定年を待たずして退職する人も増えているそうです。

キャリアアップも見込めないので40歳で定年しようなんてアイデアもあるみたいですが、定年したとして何をして過ごせばいいのかわからない人は意外と多いみたいですね。

それなら趣味を作ればいいと言われたりもするのですが、老後の生活を考えるとあまりお金をかける趣味は避けたいですよね。

そこで、私が趣味にしているピアノはお金のかからない趣味としてアリかどうかを考えてみました。




ピアノを趣味にした時にかかるお金

ピアノを趣味にすると言うと一番に思い浮かべることとして「お金がかかりそう」というものがあります。
私も一番最初によぎったように思います。

確かにお金はかかるのですが、実際は思ったよりもお金はかかっていないのですよね。

 

私がピアノを始めるにあたってかかった費用はキーボード代と教材費とヘッドホンくらいで、5~6万円くらいだったと思います。
ですが、この金額は初期投資で実際にピアノを弾くようになってからはほとんどお金はかかっていません。

購入するものと言ったら楽譜ぐらいですが、まだいろんな楽譜をすぐに弾けるようなレベルではないので半年経って買った楽譜も初級用の本と単品の楽譜1組くらいです。

つまり、半年経ってもかかった費用はほぼ初期費用のみと言えますよ。

 

ピアノと言うとお金持ちが子供の頃から習う楽器というイメージがありますが、大人になってから趣味で始めるとなると意外とお金がかからないものだと感じてます。

もちろん、ピアノ教室に通って習うのなら月謝が必要になってきますし、教室に通う分の交通費など見えないお金もかかってきますが、私みたいに家で一人で弾く分には余計なお金はかかりません。

ですので、個人的にはピアノはあまりお金がかからない趣味だと言えると思います。

 

私の場合はピアノですが、一見お金がかかりそうな趣味に見えても、意外と初期費用がかかるだけで充実した趣味になるものは多いと思いますよ。

例えば、ロードバイクも初期費用として自転車を買う大きな金額が必要ですが、ガソリン代は必要ありませんし、メンテナンスをするときにお金がかかるくらいで、見えないお金はあまりかからないのではないでしょうか。

 

ロードバイクについてほとんど無知なのであまり適当なことはいえませんが、スポーツを趣味にしてコート代をその都度払ったり、移動するための交通費がかかるなど蓄積する費用がかかる趣味は長く続けるならその分お金はかかると思いますよ。

ピアノを趣味にするメリット・デメリット

ピアノを趣味にすることについてもう少し踏み込んでみたいと思いますね。

別の記事でも書いたことがあるかもしれませんが、ピアノを趣味にすることで得られるメリットとしては外的要因に左右されないというところが個人的にはいいなと感じています。

部屋にいて出来るので雨が降ったから中止になったり、移動が面倒に感じるということはありませんので、好きなタイミングでピアノを弾くことができていますよ。

 

私は運動が好きでフットサルをするときもあるのですが、雨が降って中止になると残念な気持ちがありますし、最近では室内のフットサルコートも増えてきていますが、雨が降ってると行くまでが面倒に感じます。

…スポーツ向いてないのですかね。笑

そういった経験をしてきたので、ピアノの部屋にいて出来る趣味というのはスポーツとは違ったいい面を感じています。

 

デメリットとしてはすぐに上達しないというところがありますね。

楽器を今まで習ったことがなかったので、ピアノで曲が弾けるようになるまではものすごく大変です。

簡単に見える楽譜でもいざ取り組んでみると初心者には難しいですね。

ですが、ピアノ未経験の私でも練習すればそれなりに弾けるようになりましたし、何よりも弾けるようになったら気持ちいいです。

 

大人になるとできないことに取り組むことを避けがちですが、そういった状況と向き合える環境があるのは意外と楽しめるものですよ。

仕事でできないことをやれと言われたときとは違う、自分のタイミングで取り組める余裕さがありますからね。

 

そういった意味ではすぐに上達しないことが必ずしもデメリットとは言えないかもしれません。

できるかできないかの微妙なラインに目標を設定するとピアノも長く続けられる趣味に変わっていくのかなと思います。

30歳からでもピアノは弾ける!大人ならではの自己管理がポイント!

 

趣味は趣味だから楽しい!

趣味がないことに悩んだり、趣味を持てばいいのにと思ったりすることはありますが、趣味は趣味だから楽しいのかなと思います。

つまりは、自分で「やりたい!」「楽しそう!」と思うから趣味になるのかなと。

 

とりあえずやってみて楽しかったら続ければいいし、やってみて違ったと思ったらやめればいいし、自分で自由に決めることができるから趣味になるのだと思いますよ。

 

意外と途中でやめられるというのは貴重な経験かもしれませんね。
仕事だったら生活があるので、やめるという選択肢は取りづらいですから。

趣味なんていくつあってもいいですし、いろんなことにチャレンジしてみるのがいいかもしれませんね。

 

いろんなことにチャレンジした分、お金はかかってしまいますが、そのお金で気持ちが満たされるなら多少の出費は価値が生まれると思いますよ。

 

まとめ

ピアノはあまりお金がかからないと思いますが、それは初期投資の費用だけでその後はあまり必要なものがないからということが考えられます。

初期投資が高くても長い目で見れば意外とお金がかからないという趣味はたくさんあると思いますよ。

「継続的に」お金がかからない趣味を見つけるというのがあなたが求めているあまりお金がかからない趣味かもしれませんね。
その点ではピアノを趣味にすることはアリだと私は思います。



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑