中古ピアノの選び方と買う前の注意点&価格相場の調べ方とは?

公開日:  最終更新日:2016/12/09

中古ピアノの選び方

子供にピアノを買ってあげたいけれど、お金の問題で新品を買ってあげられないという事情もあると思います。

そんなときは中古のピアノやアップライトピアノの購入も検討するかと思いますが、どんな点を気にかけて選べばいいのか、また買う前の注意点としてはどんなポイントがあるのかなど気になりますよね。

このブログで中古ピアノの選び方、買う前の注意点、価格相場の調べ方に関して紹介していますので、中古ピアノの購入を検討している方は参考にしてみてください。



中古ピアノの選び方

まず、中古ピアノの選び方の大前提として、「実際に現品を見ること、弾いてみること」を必ず確認してください。

中古ピアノと言っても数年で売りに出された新品同様のものもあれば10年以上活躍したものまで、一度使用されたものは全て中古扱いになりますので、中古と言ってもその状態は全然違います。

ですので、実際にものを見て確認することは中古ピアノを選ぶときに必ず確認しましょう。

 

さて、手入れの行き届いた中古ピアノとそうでないピアノ見分け方についてですが、ポイントは外側よりも内側にあります。

見た目が綺麗だと「中古でもいいものがある!」と嬉しくなりますが、ピアノに大事なのは外側よりも内側、弦の状態や音色などが大事になってきますよ。

 

もし、実際にお店に行って気に入ったピアノに出会った時は、店員さんにお願いして、パネルを開けて中をみせてもらうようにしましょう。

全体的に綺麗であればある程度きれいにしているということがわかりますので、問題なしと判断できると思います。

 

また、可能であれば実際に音を出して演奏してみましょう。
弾き心地や音色を確認して問題なければ値段を確認して購入するのもアリですね。

 

中古ピアノを購入ときに、アップライトピアノの場合だとサイレント機能がついているかどうかを気にする方もいるかもしれません。

夜でもピアノが弾けるようにヘッドホンをつけながら練習することもあると思いますし。

 

そういった場合はサイレント機能がついているかなどもしっかりと確認しておきましょうね。
ピアノによってはサイレント機能を後付けすることも可能だったりしますから、お店の方に聞いてオプションを希望するといいでしょう。



中古ピアノを買う前の注意点

中古ピアノを買う前には先ほど説明したもの以外にも注意して欲しい点があります。

中古ピアノは選ぶのが難しいと言われているのですが、それは同じ年代の同じ機種であってもものによって状態が全く違うからだと言われているからなのですね。

 

ピアノ状態が変わってしまう原因には2つの要因が考えられています。

1つは設置環境です。

湿度の高い部屋で使用されていたのであればカビやサビが発生する可能性もありますし、反対に過乾燥の部屋で使用されていたのであれば木痩せや木割れが起きてしまう可能性が考えられますよ。

 

もう1つは使用状況です。

ピアノはいろんな部品が組み合わさって作られていますから、子供がレッスンしていたピアノと音大を目指していた人のピアノではハンマーや弦などの消耗度は違いますよね。

 

ピアノの状態は設置環境と使用状況でピンキリの状態になりますから、この2つは覚えておくといいでしょう。

 

買う前のチェック項目としては以下の8つは最低限確認しておくようにするといいですよ。

・年代
・ハンマー
・弦
・鍵盤
・外装
・音色
・音量
・ペダル

 

 

中古で購入する場合は全てが満足いく条件をクリアしているということが少ないですので、例えば年代は気にしないなどある程度の妥協点を設けておくとより選びやすくなるのではないでしょうか。

 

 

中古ピアノの価格相場

中古ピアノの価格相場を調べるには楽天で型番を入れて検索することで簡単に検索することができます。

検索するときは「中古ピアノ+型番」で調べると一発で検索することができますよ。
もし、型番は決めてない場合は「中古ピアノ」だけで検索するといろんな型番の価格を確認することができます。

>>気になる中古ピアノの価格を調べてみる

 

注意して欲しいポイントとしては「あくまでも相場」ということを忘れないで欲しいというところです。

同じ型番でも、実際に店舗に行ってみてA店とB店では値段が全然違うということはそんなに珍しくありません。

 

中古ピアノの場合は型番でわかるメーカーやどの年代に販売されたものかという基準で価格を決めるのももちろんですが、一番重要視されているのはそのピアノの状態です。

状態をみて価格を決めるので、同じ型番でも価格に違いが生まれるのは当然なのですね。
ですから、最初の方でも説明したように実際に店舗に行って状態を確かめることが中古ピアノを買う上で大切になってきますよ。

 

きちんと調整されているかどうかが大事です。
参考元:http://www.yamahamusic.jp/piano-guidance/choose-piano-point.html
中古ピアノを見るポイント-ヤマハミュージック

まとめ

中古ピアノを購入する時の選び方や注意するポイントについて書いてきました。

中古ピアノは設置環境と使用状況によって状態が変わってくるということはぜひとも覚えておきましょう。

 

場合によってはお値段が張っても新品の方がいいかもしれないということもあるかもしれませんから、欲しいピアノ、予算などを考えて納得のいく答えを見つけてくださいね。



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑