ピアノ教室の選び方!大手楽器メーカーと個人経営どっちがいい?

公開日: 

ピアノ教室の選び方

これからピアノを始めようと考えている人はどんなピアノ教室を選んだらいいのか悩んでいると思いますし、最初の一歩目ってすごく大事になってくると思います。

続けられるかどうかは最初で決まると言っても過言ではないですからね。

そこで、ピアノ教室の選び方について考えがまとまらない方のために選ぶポイントについて考察しましたので、参考にしていただければと思います。




ピアノ教室の選び方

ピアノ教室に通おう、あるいは子供に通わせようと思っている時に最も大切なのは教えてくれる人、つまり先生が自分に合っているかどうかだと思いますよ。

スポーツなどの団体競技だと先生やコーチの人柄や人間性も大事ですが、どちらかというと一緒に頑張ってくれる友達や仲間がいてくれることの方が大切だったりします。

 

ですが、ピアノのような個人レッスンは1対1でレッスンすることが主ですので、先生との相性がいいかがこれからピアノを始める上で大切になってくると思いますし、長く続けることができることでしょう。

また、先生の人柄や人間性以外にもレッスンの内容がわかりにくかったり、雰囲気がよくなかったりすることもあるでしょうから、現場の雰囲気を知ることは大切ですよ。

すぐにやめてしまうのはもったいないですからね。

 

ピアノ教室を選ぶときにまず頭に入れて欲しいこととしては体験レッスンを利用することです。

これはピアノに限ったことではないかもしれませんが、実際にやってみてどう感じたかは非常に大切です。その時の体験レッスンで良い悪いは感覚的に判断することができるはずですよ。

短い時間ですが、身なりや話し方はどうかアドバイスの仕方はどうかなどは十分判断することができます。

子供では判断ができないと考えるかもしれませんが、おそらくそういった直感は子供の方が働くと思います。

 

実は私は子供向けのスポーツインストラクターをしていたことがあったのですが、子供は周囲の環境に敏感で、よく言えば素直、悪く言えば単純であるということを学びました。

ですので、子供の直感を信じてあげるのも大事だと思います。

 

目標や目的、ルール、どんな曲を練習していくかは親が判断していい材料となるでしょうから、親が話を聞いておくといいですね。



大手楽器メーカーか?個人経営か?

ピアノ教室を探すとその特徴は大きく2つに分けられることがわかると思います。
それは大手楽器メーカーが経営してる教室か個人で運営している教室かです。

 

ネットで調べると大手楽器メーカーのピアノ教室が目立ちますが、個人経営のピアノ教室も数多くありますよ。

街を歩いてみると一軒家に小さな看板を出しているところも珍しくはありません。

ただなかなか見つけるのは大変ですので、そんなときは楽器店でメーカー直営ではないところに問い合わせてみると地域の音楽教室の情報を教えてくれたりすることもあるので、ふらっと立ち寄ってみるのもいいですね。

あとは、知り合いに聞いてみるのもいいですよ。習い事で一緒になっているママ友は驚くほどの情報量を持っています。敬服です。

 

さて、大手楽器メーカーが経営するピアノ教室と個人経営のピアノ教室、どちらの方がいいのかというと、一概にはどっちが優れているとは言えませんね。

ただ、どんな風に学びたいか、学ばせたいかで合ってるかどうかは変わってきます。

 

例えば、大手楽器メーカーの先生はある種の会社員でもあるので、一定のレベルや経歴を持った人が先生になっています。

受付やカリキュラムがあるので事務的な感じはしますが、発表会などもあるので、親としては子供の成長を大舞台で感じることができるかもしれませんね。

ただ、事務的なために先生が選べなかったり、振替の融通が利かなかったり、レッスン料が高い傾向にあったりなどのデメリットもあります。

よく言えばレベルの高い環境でやれる、悪く言えば人情を感じないといったところでしょうか。

 

一方の個人経営のピアノ教室は教室によって先生のレベルやレッスン料に差がでますので、当たり外れは大きいかもしれませんね。

ですが、融通が利きやすいですし、発表会も受け持っている生徒数によってはないこともないです。地域の教室で協力して発表会をするところもありますし。

先生といい関係性を築けたら、ピアノの上達スピードも格段にあがる可能性は秘めているでしょうね。

 

どちらにしても長所と短所はありますが、一番大事なのはやはり先生との相性だと思います。
ですので、体験レッスンは受けておいた方がいいでしょう。

 

ちなみに私の場合・・・

ピアノ教室の選び方について書いてきましたが、私は独学で練習することを決めていまこのブログを運営しています。

過去にどうしてピアノ教室ではなく独学を選んだのかについて書いてあるとは思いますが、改めてその理由を簡単に書くと、私の場合は「目的がピアノを弾けるようになることで、自分の好きな時間に練習したいから」ということが独学を選んだ理由になりますね。

 

ピアノ教室に通うことは人間関係を学んだり、社会勉強したり子供にとってはピアノを習うこと以外にも成長するきっかけになると思います。

 

ですが、私はもう社会人になったいい大人ですし、人から言われなくてもある程度のことはできますので、今からピアノ教室を通じて人間性を磨こうとは思っていませんでした。

また、社会人になると急な予定が入ったりしますので、その都度連絡を入れるのが面倒に思い、ピアノ教室を選ばなかったという考えもありました。

 

この辺の考えは別の記事でも書いてありますので、ご覧になってください。
⇒ピアノ教室に大人が通うことに意味はあるのか?

 

大事なのは「目的や目標」であって、正解は人それぞれ違っていいということだと思います。
私は下手でもピアノが弾けていることに満足しているので、自分の選んだ道に後悔はありません。

自分はどうしたいのか、あるいは子供にどうなって欲しいのか、そこを突き詰めて考えれば自ずと答えは見えてくるのではないでしょうか。

 

まとめ

ピアノ教室の選び方についてですが、大きく大手楽器メーカーと個人経営の2つに分けることができます。

どちらもメリットデメリットはありますから、「目的や目標」にあった方を選ぶのがいいと思いますよ。

案外、自宅から一番近いところがよかったりするかもしれませんね。笑



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑