ピアノ課題曲の選び方は?独学初心者の楽譜選びを考える!

公開日: 

ピアノ課題曲の選び方は?

ピアノを独学で学んでいると、自分で課題曲を選ばなければなりません。

ピアノ教室の先生が手とり足とり教えてくれるわけではないので、当然のことですが、どんな課題曲を選んだらいいのか判断が難しいですよね。

いま実際に私がどんな課題曲を選んでいるのかや考えていることを紹介していきますので、ピアノ初心者の方はご覧になってください。




ピアノ課題曲の選び方

ピアノ課題曲の選び方についてですが、私は本屋などに行って実際に楽譜をみて出来そうなものを選ぶようにしていました。

 

全くの初心者の状態ではどの楽譜も難しく見えますが、私はこのブログでも紹介してきたように教材を使ってある程度は練習してきたので、初心者用の楽譜であれば自分一人で工夫しながら練習することができるかなと思っています。

実際に教材から巣立って、自分で楽譜を探した時に選んだのは小学生の子でも弾けるような楽譜集を購入しました。

⇒初心者が楽譜を見てピアノを弾く方法と便利ソフトを紹介!-#9

 

実際に練習してみたところ、最初は全くリズムが取れずに大変でしたが、アプリやフリーソフトを使ってどんな演奏になるのか完成形を聞いて、練習していましたよ。

ただ、やはり初心者が独学で楽譜を読んで、演奏してとなると大変ですし、ましてや大人となると仕事もしなければならないので、すぐには弾けるようにはなりません。

だいたい1ヶ月くらい練習して自分一人で演奏することができるようになりましたね。

 

ピアノ教室に通っているわけではないので、先生が「この楽譜が今のあなたにちょうどいいレベルだから練習しましょう」という声をかけてくれないので不安もありますが、やると決めて練習してみると少しずつですが、弾けるようになっていきますよ。

ですので、小学生の子でも弾けるような楽譜を課題曲に選ぶのがいいかもしれません。

独学の人がピアノ課題曲を選ぶメリット

ピアノ初心者でしかも独学で練習している人は課題曲を自由に選べるというメリットがあります。

誰かから「この曲を弾きなさい」と言われるわけではないので、課題曲を決めときに「この曲が弾けるようになりたい!」と思って練習することができ、やる気がでてきますよ。

 

特にJ-POPの楽曲を弾きたいと思っている人にとってはかなりのメリットだと思います。

以前、私が教材を使って練習した時にも書いたことがあるのですが、J-POPの曲を弾きたい気持ちがあったので、クラシックの曲、ましてや自分があまり知らない曲だと練習するのが苦痛で仕方ありませんでした。

そういったメンタル状況ではピアノが楽しくなくなってしまうので、独学の人は自分が弾きたいと思っているものを課題曲とするのがいいかもしれません。

 

J-POPの楽曲というと難しいイメージがありますが、初心者用の楽譜を用意してくれているものもあります。

ぷりんと楽譜というヤマハの楽譜ダウンロードサイトがあるのですが、それを利用すれば欲しい楽譜を1曲から購入することができますよ。

私もこれを知ってから実際に購入して今まさに練習中です。

 

もう少しで動画撮影できるくらいのレベルになってきたので、弾けるようになったら公開する予定です。

ぷりんと楽譜はたくさんのジャンルの楽譜がありますので、利用してみてくださいね。
初心者の方は初級の楽譜であれば弾けると思いますよ。

 

ピアノ歴半年未満でも弾ける楽譜となっていますから、一緒にチャレンジしていきましょう!

>>ぷりんと楽譜公式サイトはコチラ

 

まとめ

ピアノ課題曲の選び方についてですが、人それぞれ考え方や立場、最終的な目標があると思いますので、これが正解というのはないと思います。

ピアノ教室の先生やピアノ上級者に教えを請うのもいいでしょうし、自分で弾きたい楽譜を選ぶのもいいはずですから、自分の欲求に正直に答えてみるのがいいのではないでしょうか。

いろんな楽譜に触れることが大切かもしれませんね。


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑