初心者が楽譜を見てピアノを弾く方法と便利ソフトを紹介!

公開日:  最終更新日:2016/12/09

楽譜を音に変えるフリーソフト

30日でマスターするピアノ教本によってある程度はピアノが弾けるようになりました。

これからは自分で好きな曲の楽譜見て練習しようとしたのですが、初心者が何の手がかりもなく楽譜を見てピアノを弾くのは大変なのですね。

けれども、工夫することで乗り越えることができましたよ。
その方法についても紹介していきますので、楽譜だけをみてピアノが弾けない方は参考にしてくださいね。



アンパンマンたいそうが弾けない

せっかくピアノが弾けるようになったので、楽譜を購入して練習をはじめてみようと思いました。
とりあえず、こどもが弾くようの初級の楽譜を購入したのですが、その楽譜がこちらです。

子供ポップス定番30
>>こどもポップス定番30の収録曲一覧はコチラ

この楽譜を選んだのは子供向けアニメの曲が多くて親しみやすさがあったからで、簡単だろうと思ったからです。

 

ですが、実際に弾いてみようと思ったところ、これが弾けなかったのですよ。
一番最初に選んだ曲は「アンパンマンたいそう」という曲だったのですが、たった3ページの楽譜が弾けないのです。

 

決して難しい楽譜ではないのですが、いままで演奏動画というお手本をみて練習することができたのですが、今回は楽譜だけをみて弾かなければならないので、まぁ大変でした。

自分の力だけでピアノを練習することがいかに大変なのかを思い知らされましたね。
一応参考程度に指番号は振ってありますが、指使いを自分で考えて、どの音か確認しながら練習しなければならなくて思ったように練習が進みませんでした。

 

ですが、とあることをきっかけに何とか弾けるようになったのですよ。
練習して弾けるようになった「アンパンマンたいそう」の演奏動画がコチラです。

 

最後の手前で詰まってしまいましたが、これでも練習したので甘めにみていただければ幸いです。

 

何とか弾けるようになった裏側にはとあるフリーソフトのおかげなのですが、このソフトがあったから弾けるようになったと言っても過言ではないと思っています。

そのフリーソフトについて次で紹介しますね。



ピアノ初心者におすすめの便利ツール

ピアノ初心者の私が楽譜をみて練習する上でもっとも困ったのは「リズムや音程があっているのかわからない」ということです。

一応知っている曲ですのでなんとなくはわかるのですが、紙から伝わる情報だけでは私の力では理解できていない箇所が出てきてしまうのですね。

そこで、私を救ってくれたのが「MuseScore(ミューズスコア)」というフリーソフトです。
>>MuseScoreの詳細はコチラ

 

 

楽譜に音符を打ち込むことで、自動的に演奏してくれるソフトなのですが、これを使うことでリズムや音程を確認することができます。

さすがに指使いまでは教えてくれませんが、リズムと音程がわかるだけでもかなり練習しやすくなりますので、私と同じようなピアノ初心者の方は活用してみるといいですよ。

 

使い方に慣れるまでは入力が面倒だということはありますが、フリーソフトですし、調号や臨時記号など細部まで音符の入力ができますので、手元にある楽譜をそのままパソコン上で楽譜にすることができ、音を確認することができます。

 

いずれ、自分で作曲をしてみたいという方もメロディーを確認したりすることもできるでしょうから、利用する価値はあると思いますよ。

このミューズスコアを使うことで何とかピアノの練習を独学で行うことができるようになりました。
めでたし、めでたしです。

まとめ

ピアノ初心者で楽譜からリズムや音程がつかめない人はミューズスコアというフリーソフトを使うことをおすすめします。

私はこれでピアノの練習がスムーズにできるようになりましたし、今取り組んでいる新しい楽譜もこれを参考に練習していますよ。

ぜひ活用してみてください。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑