カラオケ声量アップ方法と息継ぎが難しい曲への対策

公開日:  最終更新日:2018/01/15

カラオケ声量アップ方法とは

カラオケのテクニックを磨こうとこれまでにビブラートや裏声の出し方などを調べてきましたが、そもそも思うところがあります。

それは声量が足りないというものです。

 

ところで、どうしたら声量はアップするのでしょうか。また、カラオケの点数アップに声量は必要なのでしょうか。その点を確認してみましょう。




カラオケでの声量をアップさせる方法は?

カラオケで高得点を出すためにいろいろ練習してきましたが、単純に声量が足りないということを感じています。

声量がないので、常に全力で歌っていて余裕がない感じを自分でも感じ、もう少し声量があれば余裕が出て、音程もしっかりととれるのではないかと思うようになりました。

 

そこで、意識を変えるだけですぐにできる声量アップ方法を紹介していきたいと思いますね。

 

お腹から声を出す

喉だけで声を出すよりもお腹から声を出すことで声量がアップします。

お腹から声を出すためには腹式呼吸をすることが必要になってきますが、以前ビブラートの出し方のところで、腹式呼吸が大事と書きましたし、カラオケ、歌を歌うことと腹式呼吸は切り離せないテクニックだと言えそうですね。

 

息継ぎを間違えない

声を出すためには息を吸わなければなりません。

山の頂上で「ヤッホー」と叫ぶときをイメージするとき、必ず「スーッ」と息を吸い込むと思います。
つまり、大きな声を出すためには思いっきり息を吸わなければならないということですね。

歌の場合は、リズムに合わせて声を出す必要がありますので、息継ぎのタイミングを間違えないようにしなければなりません。

歌い始める前に息をしっかりと吸って、次の息継ぎのタイミングまで声を持たすようにする必要があるということですね。

 

他にも、姿勢を正したり、座らないで立って歌う、正面を向くなどがありますが、大きな声を出すための素質というのは誰しも持っているようです。

 

その力をどのように引き出すかが声量をアップさせるポイントのようですよ。

声量がアップすればメロとサビに抑揚を出すことができるので、得点アップも期待できるのだとか。

 

やはり声量アップは評価には直接関係はないもののカラオケには必要な能力なのですね。

 

息継ぎが難しい曲の対策

声量アップのポイントはわかりましたが、一つ問題があります。

それはテンポの速い曲だと息継ぎ(ブレス)が難しいというものです。

 

私が課題曲にしているケツメイシの「さくら」はラップ部分があり、息継ぎのタイミングが難しかったりします。

その場合の対策としては「息継ぎのタイミングを覚える」しかないようですね。

 

息継ぎのタイミングを覚えるためには何度も歌を聞いて歌詞を覚えてどのタイミングで息継ぎをしているのか感覚で覚えていく必要があるようです。

しっかりと、そして何度も繰り返し曲を聴いて息継ぎのタイミングを覚えて声量アップに努めていきたいと思いますね。

声量はどのくらい点数に影響するの?

カラオケの点数をアップしたい時、音程やビブラートなどのテクニックが重要なのはわかりますが、声量は果たして関係しているのでしょうか。

調べてみると、関係あるかないかで言えば関係していると言った方がいいでしょう。

 

というのも、声量があるということは、ロングトーンや抑揚をつけることができるので点数がアップするとされているのですね。

DAMのカラオケで高得点(90~100点)を取るためのテクニックを紹介しているサイトでも書かれていましたし、必要な能力にはなると思いますよ。

 

声量があれば余裕もできますし、その分表現力を身につけることもできるかもしれませんから、無いよりはあったほうがカラオケで高得点が取れるはずです。

声量がどのくらい点数に影響するのかはわかりませんが、しっかりと加点されるポイントにもなりますので、点数が伸び悩んでいる方は声量を目指してみるといいのではないでしょうか。

 

参考:精密採点DXのコツ

 

まとめ

カラオケ声量アップ方法は腹式呼吸と息継ぎのタイミングを間違えないことがポイントになってくるようです。

腹式呼吸はビブラートなど他のテクニックにも必要となってくるので、しっかりと身につける必要があるようですね。

 

課題曲を何度も聴いて、歌詞と息継ぎのタイミングを覚えていきたいと思います。

 




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑