ピアノブラインドタッチのメリットと練習方法について

公開日: 

ブラインドタッチの練習

ピアニストやピアノの先生など上級者は楽譜を見ながら弾いたり、目をつむって弾いている人もいますよね。

「ナカイの窓」では元AKB48の松井咲子さんが後ろ向きでピアノを弾くなんて特技を見せていました、凄すぎて思わず笑ってしまいました。

ところでピアノブラインドタッチができるようになるとどんなメリットがあるのでしょうか。
また、練習するにはどうしたらいいのでしょうか。

その点について書いていきますね。




ピアノブラインドタッチのメリットとは?

ピアノブラインドタッチのメリットは挙げればたくさんありますが、一番は音楽の表現が豊かになるということのようです。
目で鍵盤を見て弾くよりも、自由に音楽を楽しめるようになるので、気持ちを音楽で表現できるようになるのだとか。

せっかくピアノを弾いているのですから、表現力は欲しいですね。

 

また、ピアノブラインドタッチができるようになると表現以外にもメリットがありますが、3つほど紹介しておきますね。

 

暗譜ができていなくてもOK

楽譜を見ながら弾くことができるので、暗譜ができていない曲でも楽しんで弾くことができます。

そして、途中で止まってしまってもはじめに戻らず、止まってしまった場所から弾くことができるので練習するときの煩わしさがありません。

しばらく弾いていなかった曲でも楽譜を見ながら記憶を呼び起こすことも可能ですよ。

 

楽譜を読む力が増す

楽譜を読む機会が増えるので、楽譜に慣れることができます。

たくさんの楽譜に触れればそれだけ楽譜を読む力もついてくるので、先の展開をイメージしながら弾くこともできます。

技術もついて相乗効果があるのですね。

 

肩こりから解消

ピアノを練習していると肩がこることがありますよね。
これは下を向いていることが原因であることが言われています。

ピアノブラインドタッチができるようになって姿勢も良くなれば肩こりから解消されますし、目で鍵盤を負う必要がないので、目の疲れも軽減できるようですよ。

 

以上の3つなど、ピアノブラインドタッチができるようになることにはいろんなメリットが生まれるようです。

いいことづくしですからできるようになりたいですね。

 

ピアノブラインドタッチの練習方法

ピアノブラインドタッチの練習方法についてですが、いろいろ調べてみたところ、教材で勉強するのがいいなと思いました。

教材で勉強した方がステップアップしながら学べるので、身につきやすいと思いますよ。

 

実際に書店に行っていくつか探したりした結果、私が選んだのは「おとなのための楽しいピアノスタディ1」というものです。

 

ブラインドタッチの練習

 

実際に書店に行ったときに別のものにしようと思ったのですが、Amazonのレビューをみたところ、こちらの評価が良かったので、これを選びました。

早速、練習に取り組んでみましたが、基本から簡単な曲までの流れがしっかりしているので取り組みやすいかなと思います。

 

個人的には合間に入ってくるコラムが感覚を言葉にしている感じがして良かったですよ。

価格も1000円ですので、興味のある方はこの教材で練習してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

ある程度練習してみて、その結果について後日紹介できたらなと思うので、まとまったら練習報告をしていきたいと思います。
ピアノブラインドタッチができるようになりたい!その結果は?

まとめ

ピアノブラインドタッチができると音楽表現が豊かになるほか、いくつものメリットが生まれてきます。

教材で勉強することができるので、レベルアップしたい方は取り組んでみるのもいいかもしれませんね。

 




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑