世界に一つだけの花のピアノ動画と弾いてみた感想-#8

公開日:  最終更新日:2016/08/25

SMAP「世界に一つだけの花」のピアノ

SMAPの代表曲「世界に一つだけの花」をピアノで弾きました。

前回の最後に書いたように今回が卒業試験と位置付けていますので、最後の課題となります。

動画と感想、練習したときの様子などについて書いていきますのでご覧になってください。



世界に一つだけの花のピアノ動画と練習した感想

まずは「世界に一つだけの花」を演奏した動画をご覧にください。

ギリギリ弾けた・・・いや、さすがにミスが目立ちますね。

 

ですが、この動画をYouTubeにアップしたということはこれ以上の演奏はできなかったということになります。
今の私にできる最高の演奏はコレということになりますね。

私が先生だったら、大甘にみても『優・良・可』の可もあげられないですね。
とりあえずは記録としてここまでできたということを書いておきたいと思います。

 

以前、イントロの部分の成長記録を公開しました。
ピアノで右手と左手のリズムが違う曲を弾くときのコツとは?【動画あり】-#7

 

この部分だけでもかなり苦労しましたが、Aメロ、Bメロ、サビはもっと苦労しました。

基本的には右手は連打が多く、指使いも難しくないですし、左手のリズムは「ターンタタ」と一定のリズムとなっていますので、慣れてしまえばそこまで難しくはないのですが、とにかく楽譜やDVDを観たとおりのリズムで弾けるようになるまでが大変でした。

 

練習方法は今まで通り、まず一定の区間を右手で弾けるようになる→それから左手も弾けるようになる→両手で合わせるというやり方になるのですが、両手で合わせるときに指が動かなくなってしまうということを何度も繰り返していましたね。

その点に関しては以前の課題曲「蕾(コブクロ)」で学んだように、ゆっくりと、そして何度も繰り返し練習を重ねていきました。

何度も繰り返し練習して、一定の区間は弾けるようになったのですが、これを全部通して弾くとなると、どうしてもミスタッチが出てしまうのです。

 

何度も何度も練習して、繰り返し撮影したのですが、結局一度もミスすることなく演奏しきることはできませんでした。
実はこの課題曲も本当はショートバージョンではなく、一曲まるまる演奏する予定でした。

 

ですが、私の実力不足でショートバージョンとなっています。

 

これで終わってもいいかなとも思ったのですが、やはり一曲まるまる弾けるようになりたいですよね。完璧とまでは言わないまでも、もう少し聴けるくらいの演奏はしたいと思っています。一応、卒業試験という位置づけにしていますからね。

ですので、今回は追試をしたいと思います。

 

一曲まるまる弾けるようにあと一週間くらい時間をかけて練習して、上手い下手はともかく自分が納得する演奏をしたいと思いますね。その時、はじめて卒業試験に合格したと決めます。

ピアノをはじめてから3ヶ月まではまだ期間もありますので、最後の力を振り絞って取り組みたいと思いますね。



世界に一つだけの花のピアノ動画リベンジ編

世界に一つだけの花を弾いた動画を載せましたが、実はDVDレッスンではまるまる一曲フルで弾いていました。

けれども、ミスせずにフルで弾くことができなかったので、ショートバージョンで一度は録画をしたと書きましたが、納得がいかなかったので、さらに練習を重ねました。

 

なんとかフルで弾いてみましたのでその動画をYouTubeにアップ致しましたのでご覧になってください。

その動画がこちらです。

 

何十回と撮り直したのですが、これが限界でした。
上手く弾くことはできませんでしたが、今度は納得しています。「可」をあげたいと思います。

 

相変わらずミスタッチとなっていますが、これが大人になってからピアノを始めて3ヶ月のリアルガチです。
良く弾けたととるか、まだまだととるか、私の意見としてはどっちの感情もありますね。

 

良くやったと思いますし、もっとうまく弾けそうなのにとも思います。
いずれにせよ充実感はありますね。

それにしても、YouTubeにピアノの演奏動画を載せている方がいますが、その多くの方が目立ったミスなく演奏を終えていますよね。
それがどれだけ難しいことなのか、自分が実際にやってみて思い知らされましたね。

 

私は技術も集中力もまだまだ足りませんね。
それと、ミスをしてはいけないというピアノの大変さも体験しました。

私の好きなサッカーはミスが前提のスポーツなので、ミスは当たり前と考えることが多いのですが、ピアノはそうもいきませんね。ミスをしてはいけないプレッシャーに慣れていなかったのが今回の演奏のような詰めの甘さを生み出してしまったのかもしれません。

 

この歳になって新しい考えを学ぶことができたのは幸せなことかもしれませんね。

まとめ

最後の課題曲となった「世界に一つだけの花」もなんとか、弾けるようになったと言えるのかなと思います。
最初の頃に弾いた「かえるのうた」の頃を思い返すと、ここまで弾けるようになったのは奇跡のようにも思えますね。

とりあえず、これで3ヶ月のピアノレッスンは終了とします。
ですが、ピアノ自体はもう少し続けていきたいと思っていますよ。

 

実は私がピアノを始めた理由は一つだけではなく、いろんな想いがあったからなのです。
そのことについてはまた、別で書きたいと思いますので、そちらをご覧になってください。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑