カラオケで高音が出ない時は裏声の練習をしてみよう!

公開日: 

カラオケ高音域のカギは裏声にあり!

課題にしていたビブラートとロングトーンを意識した結果、分析のすべてで平均を超えることができ、得点もアップしました。

けれども、また新たな課題として、高音が出ていないという課題を突き付けられました。

そこで、今回はカラオケで高音を出す方法と裏声(ファルセット)について勉強してみましたので、まとめていきたいと思います。




カラオケで高音が出ない

カラオケ上達を目指して取り組んでいますが、今回課題として高音が出ないというものが見つかりました。

男女どちらの悩みではあると思いますが、高音が出ないというのは特に男性に多い悩みのようです。

 

高音が出ないというのはカラオケではなかなかの問題ですよね。

というのも、歌ってみたいなと思うアーティストの曲は高音域の歌が多いので、歌ってみたくても声が出ないので諦めてしまう。結果、音域の広くない歌いやすい曲を選ぶようになります。

 

それはそれでいいのですが、やっぱり高音を出せた方が歌うことのできる曲のレパートリーが増えてより楽しめますし、何よりもカッコいいですよね。

音域の広い曲は歌うのが難しいイメージがありますが、そんな曲を何の造作もなく歌っている友達の姿はやっぱり憧れたりします。

けれども、今の私にそんなテクニックなのかスキルなのかは持っていません。

 

どうして高い声が出ないのかを思い返してみるのですが、なんというか無理に出そうとすると苦しいのですよね。

無理したらのどちんこのラージヒルが行われそうで無くなってしまいそうな気がしています。

 

どうして、高音を出そうとすると喉が絞まるような感じがして苦しいのかというと高音を出すときは普段しゃべっている時とは違う喉の動きをしているからだそうです。

細かい説明は他の人に任せるとして、簡単にいうと、輪状甲状筋という部分を上手く動かせていないから力を入れないと高音が出ない状態になってしまうのだそうですよ。

 

ちなみに、この輪状甲状筋を動かす動作は裏声を出すときによく使われているのだとか、声の高さを調節する役割があるのだとか。。。
つまり、高音を出したいのなら裏声が出せるようになる必要があるということなのです!

 

…それっぽく書きましたが、全部いろんな方の書いたものをまとめて受け売りしたものです。
私自身、あまり意味が理解できていません。笑

よくわからなかったので、とりあえずは裏声が出せればいいとそれだけわかってもらえれば、私と同じように下手から上達したい方は大丈夫だと思います。




裏声の出し方

裏声の出し方を説明する前に改めての確認として、、、
裏声とは普段話している声(地声)ではなく、高い声を出そうとしてひっくり返った声のことを言います。

 

この裏声を意図的に出せれば高音域の歌も歌えるようになるだけでなく、音痴も改善できるということで一気に歌がうまくなりそうなにおいがプンプンしますね。

 

さて、裏声の出し方ですが、そもそも裏声が出せないという方は鼻歌で歌ってみるというのがいいですよ。

 

小さくてもいいので、裏声で歌っている歌手の曲を鼻歌でマネしてみると意外と効果的かもしれません。
私は鼻歌だと声を出すよりも簡単に裏声が出せました。

 

それでも、裏声が出せないよという方は意識的に喉を開くようにするといいようです。
喉を開くという感覚がわからないという方はあくびをしてみてください。(´Д`)

あくびの時の喉の形、「オ」の形が裏声を出すのに似ているようです。

 

いますぐに裏声が出なくても練習すればいずれできるようになりますので、無理に声を張らず小声でいいので「ホー」とか「ヨー」とかリラックスして力を抜いて取り組んでみてくださいね。

 

地声と裏声の切り替え方法

裏声が出せるようになったとしても、ひとつ問題があるのですよね。
それは地声と裏声の切り替えが難しいということです。

私はもともと裏声は出せたのですが、歌う時は地声から裏声に変わるときにうまく切り替えられないということに悩んでいるのですよ。

 

裏声は出せるけれど、活用できないというのが高音が出ていない原因のように思えます。

この地声と裏声の切り替え方法ですが、こちらも動画で確認してみましょう。
(動画が削除されていたらごめんなさい)

裏声に行くのは簡単だけど、地声に戻すのは大変というのは、お金は使えばすぐになくなるけど、貯めるのは大変というのとなんとなく似てる気がします。笑

 

歌の上手い人でもこの切り替えは苦戦するのですね。
ちょっと気が楽になりました^^

やはり、ただ歌うのではなく、意識して切り替えるということが大事なようですね。

 

裏声を出そうとするとどうしても力が入ってしまいますが、いかに力を抜いて声を出せるのかができれば、高音域も上手に歌えるのかもしれません。

まとめ

高音を出せるようになるためには裏声が出せるようになることがポイントになってくるようです。

裏声が出せるようになったら、地声に戻すところの意識を持って歌うようにして、上手に切り替えられるように練習する必要があると言えそうです。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑