保育士はピアノができないとダメ?でも弾けなくても大丈夫!

公開日:  最終更新日:2016/12/09

保育士とピアノ

保育士の仕事に就くためにはピアノが必須というイメージがありますが、実際のところピアノができないと保育士にはなれないのでしょうか。

保育士とピアノについてコチラでは書いていきますので、すでにいろいろと調べている方は最初の方は飛ばしてくださいね。
後半でピアノができない人でも保育士になりたい人のために練習期間や個人的に思うところについて書いていきますので、よかったらご覧になってください。



保育士はピアノが必須

保育士はピアノができないとダメなのか。
結論を言えば、ピアノは必須となっていますから弾けなければなりません。

保育士には実技試験、音楽や絵画制作などがありますが、その中でもピアノは必須とされているところは多いようです。

参考元:https://www.hoyokyo.or.jp/exam/guidance/
(平成28年保育士試験受験の手引き)
保育園の規模や方針によっては必要ないところも探せばあるかもしれませんが、そういったところはほぼありませんので、採用試験でピアノの実技試験は避けて通れない課題となっていますね。

ですから、いままでピアノを習ったことがない人であっても、子供が好きで保育士として一緒に時間を共有したいのならピアノが弾けるようにならなければなりません。

 

ですが、心配することはありませんよ。
ピアノが弾けないなら弾けるようになればいいだけですからね。

 

先程、今年度の課題曲というのを見ましたが、今の私なら練習すれば問題なく弾けます。
・・・たぶん。いや、絶対弾けます。

 

このブログを書き始めた時、私はピアノを全く弾けませんでしたが、練習した結果、今ではいろんな曲が弾けるようになりましたからね。

保育士をピアノが弾けないだけで諦めてしまうのはちょっと待ちましょう。



ピアノが弾けるようになるまでの期間

ピアノが弾けるようになるまでの期間についてですが、私の成長記録を参考にしていただければと思います。

「かえるの歌」から始まって「世界に一つだけの花」が弾けるようになるまで、約3ヶ月で弾けるようになりましたので、3ヶ月あればあのくらいまで弾けるようになるという目安にできるのではないでしょうか。(詳しくはYouTubeで→yujility66のYouTubeはコチラ)

 

ピアノ教室でレッスンを受けたわけではないですが、教材を使って自宅で、独学で弾けるようになりました。

練習時間は1時間くらいやるときもあれば、5分…1小節しかやらない日もありましたね。
ただ、ピアノの練習を始めてから1度もピアノを弾かなかった日はありませんでしたよ。

どんなにつかれてて、面倒くさいと思っていても、ピアノに触れないという日は作りませんでした。

 

どんな些細なことでも「やろうと思った」と「やった」の間には大きな差があります。
そして、その差は日々が重なれば大きくなっていきます。

ですから、ピアノ未経験者でこれから練習される方は「短時間でも毎日ピアノに触れる」ということは必ず守ってくださいね。

 

この文章を読んでいるということは保育士を目指しているわけですから、年齢も10代~20代の若い方だと思います。
私はアラサーから始めてあれだけ弾けるようになったわけですから、絶対弾けるようになりますよ。

 

ピアノができないから保育士を諦める?

最後に、私なんかがという気持ちはあるのですが、これを読んでいる10代~20代の若者の方にメッセージを書きたいと思いますので、聞き流してください。笑

もし、保育士になりたいと思っているのにピアノが嫌だから諦めるというのなら、その選択肢は捨てましょう。
一度保育士になってください。

 

4年制大学を卒業して就職した会社を半年でやめた私ですが、(笑)それには理由があります。

大学時代に就職活動をしたわけですが、お恥ずかしい話、私はどの企業にも採用されなかったのですよ。
それで仕方なくアルバイトしていた会社にそのまま就職させてもらったのですが、働いてからずっと感じてた想いがありました。

 

それは「人に決められた人生でイイのかな?」ということです。

 

拾ってもらったことには感謝ですが、自分が望んだもの、やりたいことがなく、なんとなく人に決めてもらったことに対して、すごくモヤモヤしていました。

その事と向き合ってから、自分のやりたいことはなんなのかと真剣に向き合って、考えて、行動して、失敗して、また考えて、行動して、そこで初めて自分の進みたい道を見つけて、今のフリーランスの生き方を見つけました。

組織に守られない生き方を選んで気が付いたら2年以上経ってましたけど、それでも今の仕事は楽しいですし、充実してますよ。
もちろん辛いこともありますけどね。

 

今となっては俺みたいな会社に所属しないで一人でも生計を立てられるような優秀な人材を不採用にした企業に対してざまぁみろと思ってますよ!ヽ(^。^)ノ

ごめんなさい。性根の腐っている部分が出てしまいましたね。笑

 

話を戻しますが、もし今あなたが保育士になろう、なってみたいなという夢を持っていて、他に特にやりたいことが見つからないのなら、一度チャレンジしてみましょう。

就職して、いろいろ経験して、悩んだらその時また考えればいいのです。
そこで、やっぱり違ったとなってもいいのですよ。十分やり直せます。

 

夢や目標なんて1つじゃなくていいのですからね。
大切なのは今の気持ちに正直になることで、その気持ちを行動に移すことだと思います。

青春時代はあとで気づくものですし、本能のまま生きられるときには本能でいきましょう。

ごめんなさい。偉そうなこと書いてしまって…気まぐれを許してm(_ _)m

 

まとめ

保育士になるにはピアノが弾けるようになる必要があります。

ですが、練習すれば必ず弾けるようになりますので、ピアノが弾けないから保育士を諦めるという選択肢は必要ありませんよ。

もちろん、他にやりたいことがあるのなら、それに向けて頑張ればいいでしょう。

 

もし、ピアノが弾けないけど、保育士になりたいという方は技術的なアドバイスはできないと思いますが、私のブログやSNSにコメントしていただければ、お返事をさせていただきたいと思いますよ。

ちなみに、保育士になるためのアドバイスはできませんからね。笑
あくまでも初心者レベルのピアノのことでお願いします。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑