ピアノ初心者の練習方法は?大人は課題曲を弾き続けるのがいい!

公開日: 

ピアノ初心者の練習方法は課題曲をひたすらに!

大人になってからピアノを習うようになった方はどんな風に練習するのがいいのでしょうか。
大人は練習時間が限られていることもありますし、上達するためには工夫しなければならないですよね。

そこで、私が取り組んだ方法はどんなものだったのかをこちらで紹介していきますので、行き詰まっているの参考になればと思います。




ピアノ初心者の大人は課題曲を弾き続けるのがいい!

大人になってからピアノを練習する方は回り道をするよりは課題としている曲を何度も繰り返し弾くのがいいと、私は実際に練習に取り組んでみて感じました。

子供でピアノ教室に通っている場合は先生が弾き方や練習曲などを教えてくれるかもしれませんが、独学で学ぶ場合はそうもいかないと思います。
時間も限られていますし、生活もありますから、ピアノを第一に取り組むという訳にはいかないですよね。

 

何より私なんかは趣味として、いずれは特技としてのレベルまで行けばいいと考えているので、日常を犠牲にしてまでピアノのレベルを高めようとは思っていません。

そう考えると練習曲や運指の練習などはそこまで重要ではないのかなと思います。

これはあくまでも個人的な意見ですので、目標によって必要かそうではないかを決断するのがいいのではないでしょうか。

 

ちなみに、私の取り組んでいる教材には別冊で「指をスラスラ動かす練習曲集」という教本もついているのですが、正直私はこの教本は取り組みませんでした。

誤解のないように補足しておきますが先程紹介した「指をスラスラ動かす練習曲集」には和音やオクターブの練習をはじめ、指を均等に動かす練習やピアノの方のためにペダルの練習など細かいところまで練習することができますよ。



ではなぜこの教本に取り組まなかったのかというと他の記事でも書いていますが、目的が「キレイに弾く」ではなく「弾けるようになる」ですので、実践で練習していくのが一番いいのかなと思ったからです。

 

何より、昔から練習が好きではなかったので、より本番に近い形で取り組みたかったという気持ちもありました。

私のいう本番とは動画撮影になりますが、練習が終わればすぐに本番に臨めるという環境をつくることでモチベーションを落とさずに練習することができたと思います。

 

また、1日にピアノが弾ける時間というのは限られていると思います。日常生活のどこかの時間を削ってピアノの練習を生み出しているとすると、練習時間は短くなっているはずです。
ただでさえ短い練習時間なのに、指を動かす練習をしてしまうと肝心の課題曲の練習ができずに終わってしまうことになることもあるでしょう。

そういった状況を避けるためにも私は課題曲のみを練習していました。

 

課題曲のみを練習してもアップしている動画程度には弾けるので、あのくらいで十分なら課題曲のみを、もっと上手に弾きたいのなら課題曲と別に練習をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ピアノ初心者の練習方法は課題曲をひたすら弾き続けるのがいいと私は思います。
特に大人の方で時間がなかなか確保できない方は運指の練習をするよりも実践で技術を磨いた方が効率がいいでしょう。

なぜピアノを弾きたいのか、どんな目的があるのかを明確にすることで進行のプロセスも変わってくると思うので、まずは目的や目標を明確にすることが大切かもしれませんね。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑