ジュピターのピアノ動画と練習した感想を紹介!-#4

公開日:  最終更新日:2016/12/08

ジュピター-ピアノ初心者(両手)

ホルストが作曲した「ジュピター」をピアノで弾きました。

その様子を動画に収めたので、そちらをご覧になっていただくと共に、練習して大変だったポイントや感想などを書いていきますので、ご覧になってくださいね。




ジュピターのピアノ動画と練習した感想

タイトル通り「ジュピター」を弾きましたのでまずはそちらの動画をご覧ください。

 

 

とりあえず聴けるかなといった感じですかね。

相変わらずたどたどしさはありますが、よく弾ききったなと自分では思います。というのもこの「ジュピター」はすごく難しかったです。

 

楽譜はもちろん初心者用で初級の初級レベルなのですが、前回の「歓びの歌」よりも長さもありますし、音階も幅広かったので、ミスも多く何回も何十回も録画し直しました。

 

今回紹介している動画はその何十回も弾き直してようやくミスなく弾けた一回になります。

たった1分の動画のために、何時間も弾き続けたことを思い出すと、ちょっと泣けてきますね。
それにも関わらず、このクオリティ・・・泣きますね。

 

「ジュピター」が弾けるようになるまでの期間ですが、1~2週間くらいかかったと思います。(ピアノを始めてから3週間前後)

 

まず、大変だったのは右手と左手で弾くタイミングが違うことに指がついていかない所でした。
同じタイミングで弾いてしまったり、先走ってしまったり、右手と左手の音符の数がバラバラなのがこんなにも弾くのを難しくしているのは楽譜を見ただけではわかりませんでしたね。

 

また、指使いも悩ませてきた原因の一つとして立ちはだかりました。「ラ」と「シ」はとなりの音なのに指は親指と薬指で弾くなどは最初とても難しかったです。どうしても気が抜けると近い指で弾いてしまっていて、指がおっつかなくなることもしばしばありました。

 

そして、何よりも大変だったのが後半部分です。
右手も左手も全然動きが違うので「こんなの弾けるか!」とふて寝を繰り返しましたよね。

 

何度やっても弾けなくて、この部分だけで1週間以上は練習したと思います。でも、1小節ずつ練習して、できたら次に進んでという作業を根気強く続けることでなんとか弾けるようにはなれました。

 

DVDを観て、リズムを確認して、自分で弾いて、巻き戻して、繰り返して。。。

 

振り返ってみるとよく粘れたなと自分でも思います。

 

たぶん1小節ずつでもミスなく弾けるようになるのが嬉しかったのだと思います。少しずつでも成長してるのを感じることができたので、「もう少し頑張ってみよう」という気持ちが持てたのだと思います。

 

それとこのブログを書いているおかげということもあるかもしれませんね。

不格好で、人に見せるのも恥ずかしい姿ですし、誰も見ていないようなブログかもしれませんが、ピアノが弾けるようになっていく姿を記録していくことで、使命感みたいなのが生まれているので、「あとちょっと頑張ろう」と思えているのだと感じています。

 

目標は誰かに公表したり、宣言した方がいいのかもしれないですね。

 

上手さは決してないですが、今回も弾けたことは事実なので良しとしましょう。
これでなんとか3枚組DVDの1枚目を終了させることができました。

 

この段階でこれだけ躓いているので先が不安ですが、3枚目のDVDまではやり遂げると決めていますので、時間はかかってもこの目標は達成させたいと思います。

次回予告

次回から2枚目のDVDに入ります。

今度の課題曲はショパンの「別れの曲」となっていますが、この曲が弾けなくてこのブログからお別れしないように頑張りたいと思いますね。笑

 

☆次の曲はコチラから
ショパン「別れの曲」をピアノで弾いた動画と練習の感想-#5




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑