野郎夜!!5体験レポ&福山雅治ライブ初心者のための準備講座!

公開日: 

福山雅治さん(以下:ましゃ)が毎年行っているライブ「福山☆冬の大感謝祭」の公演の一つで男性限定ライブ「野郎夜!!」に参戦してきました!

「ましゃのライブって楽しいの?」「男性限定ライブってどんな感じ?」「行ってみたいけれど、コアなファンじゃなくても大丈夫?」など気になる部分を独断と偏見で紹介していきます。

今回で5回目の開催となった「野郎夜!!5」を追体験!…してもらえるように頑張って書いていきますね。笑

野郎夜!!5に参戦&体験レポート!

最初に断っておきますが「体験レポート!」と書いてますが、こういったレビューを書くのが得意ではないのでご了承を。クレームは「ZERO」でお願いします。m(_ _)m

さて、2018年で5回目の開催となった「野郎夜?」ですが、実は私は2回目の開催から「4年連続4回目」の参戦となります。

 

友達がBROS.会員(ファン会員)で毎年チケットを取ってくれるのですが、今となってはこれを体験しないと1年が終わらないくらい楽しみにしているライブになっていますね。

グッズ売り場へ行って、フードを買って開演時間近くまでしばし待機。

今年はフードの数が少なくて少し寂しかったですね。。。

でも、味は今年も美味しかったです^^

 

私は、MASHA’S ORIGINAL愛のCurry【緑のチキンカレー】を食べたのですが、タイカレー風で選んで正解でした。

 

さて、開演時間が近づいてきたので会場入り。

西やんと東が続いていたのですが、今回は北さんでした。

ライブが始まるまではモニターで動画鑑賞。

長崎県・対馬にはいつか行きたいですね。「旅猿」でも行ってたし。

 

そして、いよいよライブスタート!

一曲目はなんだろ~と楽しみにしてたのですが、いきなりぽかーんとなってしまいました( ゚д゚)

 

というのも一曲目を私は知らなかったのですね。

前半戦は知らない曲が多くて戸惑った部分もあったのですが、初めて聴いて「この曲いいなー」と思った曲にも出会えましたし、トークの部分でましゃが「友達に連れてこられた子はわからない曲が多くて困ってるんじゃないか」のような言葉を発していて、ちゃんとフォローしてくれるところに器の大きさと優しさを感じることができました。

 

「野郎夜!!」にしか福山雅治ライブには参戦したことがないので、他の公演がどんな感じかはわかりませんが、弾き語りに、聴かせる曲に、全体で盛り上がる曲にバリエーション豊かで飽きさせないので、時間があっという間に過ぎますね。もちろんトークも面白いですし^^

 

それと、バンドメンバーもかっこいい。

日本一カッコいいおじ様たちだと思います。

 

序盤のトークゾーンが手違いで飛ばされたり、ライブならではのハプニングも今回はありましたし、手を突き上げて跳んだり、会場全体で歌ったり、今回も大満足でした!

 

ただ、一つ心残りがあるとするなら、今回も水を浴びることができなかったことでしょうか。

来年こそビショビショになりたいですね^^

 

とまぁこんな感じでレポートしてみました。

 

一応読み返してみたのですが、内容が薄いな。笑

私はあんまり感情を伝えるのが得意ではないので、上手く伝えられないのがもどかしいですが、とりあえず『「野郎夜!!」は楽しいよ!』ってことだけは伝われば幸いです!

 




野郎夜!!5のセットリスト&気になった曲!

今回の「野郎夜!!5」のセットリストを記録しておきます。

【野郎夜!!5】

1.FREEDAM
2.暗闇の中で飛べ
3.追憶の雨の中
4.DRIVE-IN THEATERでくちづけを
5.1985年 Factory Street 夏
6.IN THE CITY
7.Moon
8.Squall
9.流れ星
10.Sandy
11.そのままで…
12.無敵のキミ
13.旅人
14.いってらっしゃい
15.fighting pose
16.HARD RAIN
17.Pop star
18.零-ZERO-
19.甲子園

アンコール
20.聖域
21.GAME

ダブルアンコール
22.甲子園

(間違ってたらごめんなさい)

今回のセットリストですが、私は22曲中8曲が初めて聴いた曲でした。

それもそのはずで、「野郎夜(福山☆冬の大感謝祭)」では毎回コンセプト(?)があり、今回は「埋蔵歌(うもれうた)」となっていたのですね。

ライブで長年披露してこなかった曲を歌うということなのですが、今回バタバタしてたのもあって、コンセプトがあることをすっかり忘れていました。

なので、事前にいろんな曲を聴くことができなかったのですが、逆にそれが良かったです。

 

初めて聴いた曲の中で個人的に「この曲良かったなー」と感じたのは「IN THE CITY」。

もともとアップテンポの曲が好きなのもあると思いますが、こんなカッコいい曲を知れたのはそれだけでも価値があったと思います。

他にも「Sandy」はあったかい曲で、印象に残ってますね。

 

あと、好きな曲の一つで「今回はこの曲聴きたいなー」と思って本当に歌ってくれたのが「流れ星」。

去年は「『蛍』が聴けたらいいなー」と思ったらセトリに入っていて、おそらくましゃが私の気持ちを汲んでくれたのでしょう。笑

聴きたい曲も新しく出会えた曲もあって充実したライブになりました。

 

良い時間を過ごせたなー(*´ω`)

 

初心者必見!福山雅治の男性限定ライブを楽しむために!

ここまでは私の体験レポートを書いてきましたが、ここからは「福山雅治の男性限定ライブに行ってみたいけど、初めてでも楽しめるの?」という方のために、昔からの大ファンではなく、野郎夜のライブしか行ったことのない私なりの視点でどうしたらライブを楽しめるかについて書いてみたいと思います。

 

初心者向け!野郎夜を楽しむポイント1.鉄板曲を覚えろ!

「野郎夜!!」にかかわらず、アーティストの方のライブを楽しむのなら定番の曲を知っておく必要があります。

盛り上がる曲や一緒に歌える曲を知ってるとより楽しめますよ。

 

まず押さえておきたいのが新曲。

今年だったら2018年にリリースされた曲を覚えておくと楽しめました。

 

あとは「野郎夜!!」の鉄板曲ですね。

ほぼ確実に歌われるのは「追憶の雨の中」でしょうか。これは盛り上がりますよ!

次いで押さえておきたい曲としては「fighting pose」「GAME」「明日の?SHOW」「約束の丘」ですかね。

 

あくまでも個人的な意見ですし、他にも知っておきたい曲はたくさんありますが、ここの5つは歌えるようにしておいて、あとは好きな曲を選んで聴いておくといいかもしれません。

 

過去のライブ映像のダイジェストが福山雅治公式YouTubeで公開されていましたので、そちらを参考にしてみてください。

 

初心者向け!野郎夜を楽しむポイント2.コンセプトを把握しておこう!

先ほど少し触れましたが、「野郎夜!!」ではコンセプトとなる曲があったりなかったり。。。

1回目はわからないのですが、2回目は「弾き語り(魂リク)」、3回目は「男唄・女唄」、4回目は「ラブソング?」、今回は「埋蔵曲」という感じでしょうか。

 

4回目は「好き」という言葉を使わないラブソング曲を作ってるという話から、思いっきり「好き」という言葉を使った曲を歌ってましたね。笑

事前に歌う曲を予想できることもあるので、知らない曲があるのが嫌という方はコンセプトや傾向が把握できる場合に限ってはそういった曲を事前に聴いておくと楽しめるでしょう。

 

初心者向け!野郎夜を楽しむポイント3.知らない曲があっても気にするな!

昔からのファンであれば知らない曲はないかもしれませんが、ましゃ初心者だとどうしても知らない曲は出てきます。

そういった場合でも、新しい曲に出会える楽しみがありますし、盛り上がっている曲なら知らなくても一緒に盛り上がればOKです!

 

ライブは楽しんだもん勝ちですし、知らない曲があっても気にすることはありません。

 

初心者向け!野郎夜を楽しむポイント4.この世には2種類の男しかいない!

ましゃ曰く「この世には2種類の男しかいない」とのこと。

あなたはその2種類のうちどちらの男なのかを認識しておく必要があります。

 

場合によってはポチ袋をもらえるので、それを楽しみに会場に行くのもいいでしょう。

ちなみに、全国のお父さんはもらえないので悪しからず。(´▽`*)

 

4つのポイントについて書いてきましたが、あまり深く考える必要はないと思います。笑

 

「福山雅治の男性限定ライブってどんなの?」と興味を持っているのなら、一度は参戦してみることをおすすめしますよ。

気が付いたら私と同じように毎年の恒例行事になるかもしれませんね。



もう体験できなくなる!?「野郎夜!!」を救おうや!

「野郎夜!!」についてコアなファンではない私の目線で書いてきましたが、なぜ今回このようなことを書いたのかということを最後に伝えておきたいと思います。

実は「野郎夜!!」は会場が満員になっていないのですね。

 

会場となるパシフィコ横浜は収容人数が1万8000人となっているのですが、2回目だけ満員で、1回目、3回目、4回目と満員御礼とはならず…となってしまいました。

そして、今回の5回目は1万7499人であと501人足りなかったのですよ。

 

「あと一歩」が届かなかったということですね。

 

福山雅治というずっと一線で活躍している人が会場を満員にすることができなかったことに関して、すごい悔しがっているのが印象的で、ライブにかけるこだわりはカッコ良いなと思いましたし、人として学ぶところがあるなとも感じました。

それと、3回目の時かな?

 

「満員にできなかったけど来年、本当にやるの?」と言っていたのが気がかりで、満員にならなかったら「野郎夜!!」がなくなってしまう気がして嫌なんですよね。

 

あの非日常体験はいろんなところにいい影響を与えてくれるのですよ。

「エネルギーが(臭いもですが、笑)充満している」感じとか、
「女性がいるから男は生きていけるんだな」と再認識する感じとか、
「これで今年もやり残したことはないな」と思える感じとか。

 

いろんなアーティストの方のライブに行ってますが、一番独特な空間を味わえるのが「野郎夜!!」なんですよね。

私はファンクラブ会員でもないですし、CDも1枚も持っていないのですが、他にない体験ができる場所なので「文化」として残っていてほしいなと思っています。

 

とまぁそんな想いからこんなこと書いてみましたー^^

勢いで書いたからかな?途中で熱いこと書いてる気がするな。恥ずかしい。。。笑

 

でもこのくらい熱くなれるし、その価値はあると個人的には思ってます。

モヤモヤしたものがあるなら「野郎夜!!」に行こうや!

 

おまけ

このライブに行くといつも思うのですが、やっぱり楽器弾けるのはカッコいいですね。

仕事の関係でここ数ヶ月楽器の練習どころじゃなくなっちゃったけど、なんとか時間を作って練習しなきゃだな。

自由にいろんな曲を弾けるくらいにならないとか。。。

 

いつかしれっと「福山歌!紅白歌合戦!!」にエントリーしてたら面白いかもなー。笑



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑