ピアノに買い替えの時期はあるの?修理と下取りならどっちを選ぶべき?

公開日: 

ピアノ 買い替え

ピアノは一生モノの買い物というイメージがありますが、ずっと弾いていればキレイな音が出なくなったりするものではあるかもしれません。

ところでピアノに買い替えの時期はあるのでしょうか。

もしあるとしたら修理してもらうのか、下取りしてもらって新しいピアノを買った方がいいのかどちらがいいものなのでしょうか。

気になったので調べてみました。




ピアノの買い替えの時期は20年?

一度購入すれば半永久的に音は出るのがピアノだと思うので、何十年先も故障しない限りは買い替える必要もない楽器だと言えるでしょう。

ですが、昔みたいにキレイな音が出るということは感覚的に変わってきたなということもあるかもしれません。

 

いろんなところで調べてみたところ、ピアノの寿命の目安と言われているのは20年前後と言われているようですね。

子供が成人するくらいの年月と考えれば確かに妥当な年数のような気がします。

 

ただ、この20年というのはあくまでも目安で、弾いてきた練習時間やピアノが置かれている環境によって何年単位で前後するようです。

 

確かに、毎日何時間も弾いてきたピアノと週に1~2時間弾いたピアノとでは耐久力は違っているでしょうし、住んでいる地域によって温度や湿度も違ってきますから20年前後というのは目安として覚えておくといいでしょう。

 

20年使えると考えるといくらくらいの値段のピアノがいいか選ぶ基準にはなりそうですね。

 

ピアノは修理と下取りのどっちがいいの?

ピアノの寿命についての目安がわかりましたが、買い替えのタイミングかなと思ったときに、選択肢が2つあると思います。

1つはいま使っているピアノを修理してもらうことで、もう1つが下取りをしてもらって新しいピアノを購入するということ。

 

どっちがいいのかについては結果的にはどちらも音がちゃんとしたピアノが弾けるようになるということですので、大きな違いはないと思いますが、気持ち的には違いはありますよね。

 

費用的としては修理したほうが安いですし、今まで使っていたピアノで弾くことができますし、何よりも想い出が詰まっていますから慣れ親しんだ気持ちはあるでしょう。

 

反対に下取りしてもらって新しいピアノを購入する場合、今よりもグレードの高いピアノを購入することもできますし、逆に趣味程度で弾けるように電子ピアノに変えるというのもできますね。

 

修理と下取りのどちらがいいというのはそれぞれの気持ちの問題ですから、一度しっかりと考えて判断するのがいいかもしれません。

 




下取りする場合ピアノ買取業者はどう選んだらいい?

修理をする場合は、調律師の方に来てもらって修理してもらうことになりますが、下取りをする場合はいまあるピアノを処分する必要があります。

ただ、処分するだけでなく中古で買い取ってもらうこともできますよ。

 

買取してもらえれば新しいピアノを買うときの費用にすることができますし、処分するお金がかかると思ったら、逆に軍資金を手に入れることができたということになりますから、一度は買取査定をしてもらうのがいいでしょう。

 

ピアノの買取に関してはピアノは大きなモノですから、いきなり引き取ってもらうというよりは一度無料査定してもらうのが基本になります。

ピアノの買取に関しては人生で1度か2度あるかないかだと思いますので、何をしたらいいのかわからないこともあるでしょう。

 

そんな方のためにピアノ買取業者の選び方やメリットデメリットについてまとめた記事がありますので参考にしてみてください。

どれがいいということは人によって違うので、自分の納得する選択を見つけてましょう。

 

【関連記事】
ピアノ買取業者はどう選ぶ?一括査定のメリットとデメリットを比較!

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑